覚え書き?

今月は「あれっ?大丈夫か…!?!?!」ってなってしまったことが2件。

ひとつは、ある日、朝になってケージに被せてあった布を取ると、ニコの横っ腹あたりが血で染まっていて…。何事!?と思って手に取ってよく見てみると、左足の親指の爪がいつの間にか折れて、そこから出血して汚れた羽毛が目に留まった、という事態でした。
発見した時はもう血が止まっていてどうにも出来ない状態だったのだけど、夜に暴れたのだろうか…どうして爪が折れてしまったのか結局分からないまま。でも止まり木を見ると、親指が当たる位置に血痕が点々とあって、痛い思いをしていたんだ…ということに後々になって気付いて、可哀想で愕然としてしまいました…。
自然木の止まり木を固定しているところが針金を使っているので、もしかしてこれか?と思い、そこは引っかからないように改善してみました。実際そこに引っかかったかどうかは分からないけど、あり得そうというか、思い当たるところをとりあえず。。。
ケガは、気になって経過観察していたけど、その後は元気にしています…。でも気をつけないと……。


もうひとつは、キョルさんの声がいつもと違って変!?という朝がこれまた別の日にあって、起こした時にあんまり喋らないなぁ…どした?と思ってたら「おはよ」の声に違和感。文字で書くのは難しいけど、とにかくいつもの声じゃない…。その後いろいろ喋ったけど変なまま。風邪引いた??と心配になって来た時にクシャミが一つ出ました。鼻水っぽいものが出たのか自分の鼻の頭にくっつけてて、取ってあげたのですが、そしたら戻ったような…。鼻水が原因なのか、これも確たるものがよく分からずじまいでしたが、そのうち元に戻りました。こんなことは今までなかったので、ちょっと焦ったという…。


その後はみんな変わりなく、元気に過ごしております。。。
手帳にもメモっておいたけど、とりあえずこのブログにも残しておこうと思います。
最近はみんな元気でありがたいのですが、のほほんと気を抜かないで、飼い主が気を付けてあげられることは、ちゃんとしなきゃ…と思うような2件でした。
[PR]
# by a-becco | 2014-06-30 00:00 | インコ&フィンチ

コンパニオンバードNo.21に

a0086994_22143144.jpg

今月発売したばかりのコンパニオンバード21号(誠文堂新光社)に、キョルさんとニコが載っています。
見本誌を頂きましたので、記念に一緒に撮りましょう。
a0086994_22154333.jpg

誌面には、あんまりこのブログでも明かしたことのない普段のやり取りが書かれており…結構恥ずかしいです。
キョルさん…私が写ってるところ踏まないで……

a0086994_22164349.jpg

ニコは、怖がってあんまり撮らせてくれませんでしたが、一瞬だけ表紙のオカメさんと向き合っているような感じに…。

取材ってどうやってする(される)んだろう??という興味がまず一番先にあって、受けてみることにしたのですが、なるほど、こんなふうになるのか〜といろいろ知れて面白かったです。私はだいぶ前にこの本でもイラストを描かせて頂いてたこともあるのですが、今回はそういった経緯は全く関係なく、偶然お声が掛かりました^^;;; 話が来た時に、うちの鳥を雑誌デビューさせたい!!!っていう意気込みはなくて…うちなんかでいいのだろうか…恥ずかしい…と思っていました。実際、本になってもそれはあんまり変わらない^^;ちょっと嬉しいけど、恥ずかしいのが大きいです。
キョルさんは、取材当日はどんな反応をするか未知数でしたが、思いのほかノリノリでカメラにポーズ取り始めて驚きました。外面が良いのでしょうかね…。ニコはクールな感じでマイペースでした。
[PR]
# by a-becco | 2014-06-11 00:00 | インコ&フィンチ

放鳥の時

a0086994_22275170.jpg

普段は、主張が激しくて出せ出せ!ってうるさいキョルさんを(年齢も上ということもあって)優先して先にケージから出してあげていますが、何だかその時のニコの視線が熱いことも結構ありまして。

数本ある止まり木の中でも、私に距離が近いところへ寄って来て、こっちをじーっと見たり、「私だって出たいわ!」とばかりにケージの中でバッと飛んで手前の柵越しに掴まり、また見つめて来ます。ニコはジュウシマツですから声も小さいし、まして叫ぶという行動は出来ません。チッ、チッ!と小さく鳴きながら視線とケージの中での動きでアピールします。視線からは、無言の圧力を感じます。。。

キョルさんがいる間は、危ないのでほとんど我慢して貰っている状態で、ちょっと可哀想なのですが、絶対に同時に放鳥できないし、キョルさんがケージに入った状態だから大丈夫かと思ってニコを出していたら、わざわざキョルさんのケージの屋根に止まりに行ったりして…危険なことを敢えてします^^; 
キョルさんが天井にいるニコの足を瞬間的に噛んでしまったらと思うと、とても怖くて、それ以来キョルさんがケージ内にいる時もニコは極力出さないようにしてしまいました。
どうして挑発するようなことをするのー!(ニコも結構賢いのでどこまで分かっていてやっているのか、知りたいです…)ニコは、ジュウシマツにしては勝ち気というか、結構オフェンシブな行動があって面白いのですが、たまにヒヤッとさせられます。
[PR]
# by a-becco | 2014-06-03 00:00 | 十姉妹

ある日の日光浴

a0086994_1374626.jpg

「ん!?!?」


a0086994_1381056.jpg

「ケージごと外に出てるよ〜」


a0086994_1384496.jpg

「へへへ!」
クチバシを止まり木にゴリゴリ。



さすが明るい陽の光のもと…室内で撮るよりはきれいな写真になる気がする…!
相変わらずケージの屋根にはボロボロに齧られた新聞紙が被せられていて、絵面がよろしくありません。でも日光浴の時もちょっと日陰を作ることや、隠れる所がないのが不安かも知れないのを解消するのに役立っていて、本当は写真を撮る時だけ外せば良いのですが、見た目以外は結構重要アイテムなのでそのまま撮ってしまいました。でもこうやって改めて見ると、やっぱり汚くて気になる。。。
[PR]
# by a-becco | 2014-05-17 00:00 | 緑色

4月の事

あぁ…月2回は更新しようというのが密かな目標なのに、4月は1回きりに。ブログとしてやっている限りは一応、更新はして行こうと思っているのですが。
何か書く事ないかなぁと気にはしつつ。「体重計って、今日も元気。」というだけでもいいじゃないかと言われ、それが一番だなと思ったと前も書いた気がしますが、何せうちの鳥達は体重測定が嫌いという…。

4月、他に何があったっけ…?
キョルさんが大嫌いなツメ切りを決行。二人掛かりでやることが多かったこの作業、今回は私一人でやり遂げました。何度か一人でもやってるのですが二人の方が良いかなと思っていて。でもそうでもないらしい…と今回改めて思いました。保定が上手く行きました。いつも強く捕まえ過ぎて、キョルさんが嫌がって逃げようとする→余計に強く保定される→キョルさんがますます嫌がって暴れそうになる→さらに余計に強く………の悪循環でした。それが今回は程よい保定でスムーズに終わりました。(もう何年もやってるのに………。)
また次回も上手く捕まえられると良いのですが。暴れたらやっぱり力を入れずにはいられないし。。鳥が嫌がっているものをやらなきゃいけないというのは、難しいです。

あとはケージの外に居る時に、キョルさんがひとりでケージの屋根に乗って遊んでいて、屋根にかぶさっている新聞紙に潜ってポリポリ齧ったりして夢中になり過ぎて、ドザーッと下まで落っこちてた事が、ちょっと面白かったかな…。私は近くで本を読んでたか何かしていて、ちゃんと見てなかったのですが、気付いたら落ちてて一瞬シーンとなってからギャアア!!と叫びながら私の方へ飛んで来ました。驚いたんですね…。ジュウシマツもみんな驚いていました^^;
ケージの中にいる時も、極たまに踏み外してるんだか何だか知らないけど、床まで落ちてダーン!と大きな音を立ててる事があります。ドジなんでしょうか…?

こういう取り留めのない事が淡々と起きている日常ですね…。ちょっと面白いなと思う事があっても、文章にするのが難しかったりして、そのうち忘れてしまう。
[PR]
# by a-becco | 2014-05-01 00:00 | 緑色

キョルさんお誕生日

今日はざっくりとキョルさんのお誕生日とされている日です!
あれ、4月10日頃だったよね…?と、何だか記憶があやふやになり、キョルさんのお店から貰ったデータが書いてある書類を見てみようとしたら、本棚を整理した時にそれも移動してしまって…要するに書類が行方不明状態です。。
誕生日は覚えていないわ、確かめようとした書類はどこかへしまい込んで見当たらないわ、いい加減にもほどがありますね。

キョルさんは8歳になりました。これは確かです^^;
相変わらず病気も怪我もせず、元気に毎日過ごしています。
相変わらず食いしん坊で、相変わらず絶叫もするし、相変わらず甘えん坊です。
最近は、ニコを始め十姉妹達の世話をしたりしていると、結構分かりやすくやきもちを焼くようになって来たり。ニコの父親のクロちゃんがいた頃は、クロちゃんが最年長だったけど、今はキョルさんが最年長ですから、威張ってても仕方がないのかな〜…
8年も一緒にいると、ちょっとずつ変わって行くところと、変わらないところが出て来るものなんだなぁと思っています。

追記0416
a0086994_1238406.jpg

携帯で撮ってリサイズしたらこんな小さくしてしまいました…w
お誕生日にアーモンドをあげたのでした。
[PR]
# by a-becco | 2014-04-10 00:00 | 緑色

ツンデレっぽい行動?

最近のキョルさんは、ケージの扉を開けてもらって扉に付いている止まり木にとまっている時に私が腕を差し出しても、すぐに乗って来てくれなくなりました。

サササッと止まり木から上へ伝って行って、屋根の上に被せている新聞紙に潜ってモゴモゴしていたり、「ひとりで勝手にやるからいいです。腕を近付けないで下さい。」みたいな態度です。
それなのに、私が離れたところに行ってしまうと、ギャッギャッと鳴き続けて呼ぶのです…。
それで、そばに行って「こっち来る?」と腕を出すと、避けて行くという。。。

今思い出しましたが、「ステップアップ」とか言いながら手に乗せる練習とか、すっごく初めの頃はやってみてたなぁ…。ステップアップどころかフェードアウトみたいな態度です…!
ところが、気が変わるのか、何度か腕を出すとそのうち乗って来て、肩まで登るといつも通り私の頭や首のところにベッタリくっついてじっと動かず甘えん坊になります。
本当に、何なんでしょうか??こういうのがツンデレ?ちょっと違う気もしますけど。

乗って来ないパターンで別のだと、差し出した腕をつねり噛みして来るorつねり噛み+枕にしてウットリし始める(この場合、腕を挙げっぱなしの状態で動かせなくなるので、地味につらい)というのがあります。枕にして寄りかかってウットリモードの時に動かそうものなら「キーー!」と言って怒りながらもれなく噛み付きますから、ちょっとハラハラします…!

とにかく、何だか最近のキョルさんは、ちょっと気難しい行動をするようになりました。
知能がそれなりに高い分、ある程度年月が経って来ると、かわいいだけじゃなくて、こういう多少複雑な内面も出て来るということなのかなぁと思っています。来たくないなら乗って来なくても、無理しないでいいやと思って、成り行きに任せています。
a0086994_237485.jpg

(文字だけはさびしいので写真を貼ろう…でもこれはちょっと前の写真です。)
[PR]
# by a-becco | 2014-03-28 00:00 | 緑色

今頃になって新事実…?!

キョルさん、パイナップルが大嫌いっていう。

先日、生のパイナップルをあげてみたのですが、それはもう高速で捨てていました。
ちゃんと美味しいものをあげたのに…。
0.5秒くらい口にくわえただけでパッて落としちゃう。
ワンタッチパスのように。。

最初は、え!嫌いなの!?ってなりましたが、だんだんちょっと意地悪して嫌がるのを承知で無理矢理近付けていたら、3回目にはついに口を付けることもなく、さささっと新聞紙の陰に隠れてこっちを睨みながら「p`@ガ□§ペパ‡っ※Zプ☆◎×◆ごC▽ビW…!!!!!」と、よくわからないコミドリ語で思いっきり文句を言っていました。
この、何を言っているのか分からないけど絶対に怒っていて文句を言ってるという姿は、大嫌いな爪切りをして解放された時に毎回目にする光景でした。
怒ると、ちゃんと抗議してくるのです。

それにしても、もう8年近く一緒にいるのに、パイナップルがあんなにも嫌いだったことは…今まで認識していなかったと思うので、新発見かもしれません。(私が忘れていなければ…。)
[PR]
# by a-becco | 2014-03-10 00:00 | 緑色

酸素のご縁

3年前に十姉妹・ニコの在宅での闘病の時に使った酸素室について、その時にレンタルでお世話になった株式会社ユニコムさんから先日ご連絡を頂きました。
小鳥の酸素吸入について調べているうちに、私が当時書いたブログ記事を発見されたそうです^^
そして、ユニコムさんのホームページとブログで、うちのブログをご紹介頂きました。
a0086994_0481848.png

↑このスクリーンショットは下記のページのものです。
ペットの在宅酸素使用例のページ
当時の写真と作った図解を使って頂いたんですが、酸素濃縮器が写っている写真が探し出せなくて、酸素室のものだけになってしまい、ちょっと申し訳ないです。。チューブしか写って(描いて)ないけど、当然これは酸素濃縮器に繋がってるチューブです。

↓こちらはブログ (私の制作活動のことまで触れて頂き、ありがたいです…)
★ユニコム発★酸素生活のすすめ

うちのブログのアクセスレポートを時々チェックすると、鳥の酸素室に関するキーワードで検索してここに辿り着いているんだとわかるデータが、3年前にその件を投稿した時から断続的に見られます。
本当は、酸素室を使わなくても良いように病気などにならないのが一番ですが、いざ必要になってしまった時のために、使用の一例として何か少しでも役に立てたら嬉しいと思っています。

また、今回これを機に改めて考えてみると、私のケースは当時の季節が冬ということもあり、保温に関しては簡単に出来ましたが、逆に夏の暑い盛りだと水槽を利用して酸素濃度をキープしながら、暑くならないようにする工夫が必要だと思うので、それぞれの病状と、そう言った季節も含む環境、鳥を診られる病院での治療など合わせ、やはりケーズバイケースでいろいろ違うと思います。

3年前には思いもよらなかったことですが、当時お世話になった企業から今回コンタクトを頂き、改めてお礼も言えましたしこのようなご縁ができたことは、とても良かったと思っています。
[PR]
# by a-becco | 2014-02-22 00:00 | その他

大雪でした

8日は、関東では記録的な大雪!!
風も強くて、時々吹雪や雪の塊が窓際を落ちて行くので、それが見えてしまうと十姉妹達がびっくりして騒いでいたので、途中からカバーをかけて見えなくしたり…普段と違う週末でした。
キョルさんは台風の時の方が「うわぁーーー!!!!」って叫んだりして驚いていたみたい。昨日は割と平気でした。窓の外が真っ白になっているのは気にならないけど、音が凄い方が反応するようです。

それにしても、この辺じゃ滅多にないほどの降り積もり方でした。折角なのでキョルさんを雪バックで撮りましたが…ケージの上にあるいつも遊んでいるビリビリかつボロボロの新聞紙が汚いなー!と余計な方に目が行ってしまいます。。。腕に乗せて撮ろうとしたら、カメラを攻撃してくるので諦め、ここで何とか撮ったのがコレです…写真にはいつも不満がありますが、仕方がない^^;
a0086994_21534616.jpg

[PR]
# by a-becco | 2014-02-09 00:00 | 緑色