二人暮し状態

2晩経ちまして、だんだんと本来の動きが見られるようになってきたような気がしています。
お店でのイキイキとしたあのキョルさんの姿が、早く家でも見られますように…。
お店で遊んでいる時はいつも、肘を曲げたところにハマるのが好きで、そこで大人しくなってウットリしていることがよくありました。
で、昨日と今日、ちょっとケージから出してあげたら、早速ハマってました^^
私に寄り掛かりながら、自分で頭をポリポリナデナデして勝手にポワワ…と膨らんでいる…可愛いです。
今晩は肘から肩へ登って行き、髪の毛の中にもぐったり顎の下にハマったり、パーカーのフードにもたれてウトウトしたり…。かなりリラックスした模様です。
今日は昨日よりもペレットもシードも食べてくれて、フンもだいぶイイ感じの見た目になったと思います。でもまだ体重は減り気味ですが…。

a0086994_21373448.jpg


そして、私の部屋に隔離状態で住んでいるため、家族にはほとんど接してない状態で丸2日経ちました。私との二人暮しのような感じです。十姉妹には来てもらったりしましたが。
実は家族は、私が何の前置きも無しに突然連れ帰ったこの緑の生き物のこと、そんなに強い関心もなく…。動物が嫌いな人達ではありませんが、私だけが突出してあらゆる生き物が好きなので、温度差は結構あると言えばあるのです。
で、先代のオカメの世話を、私がどうしても外出して遅くまで帰れない時など、家族にかなり面倒掛けてしまったこともあり…
正直、嫌だったようです。気を使うって。インコは繊細だから。。。
今回、さきほどちょっと話をしてた時に、そんなことをぶっちゃけられて「まぁそうか」と思いつつ、複雑な気分〜うーん。
私も先代の時は、人に懐いたインコが、どれだけケアが必要なものなのか、未経験のままいろいろあったので、なかなか検討がつかない展開になった時、自分だけでは対処できなかったことがたくさんありました。

私が単独で「好き」でやっていることだし、それに関して家族とは言え面倒は掛けられません。初めから、家族の協力を得ようとは思っていなかったけど、面倒は全て私がみなければ…と改めて思いました。
でもそれくらい覚悟してないと、ここまで実行出来ませんからね。

家族には可愛がってもらうことは、きっとできると思う。
日々の世話の全ては、私。
今回は全くのビギナーではない(少なくともオカメの時よりは。)ので、初めからいろんなことを踏まえた接し方をして行こうと思っています。
とりあえず、帰りが遅くなる日があっても大丈夫なようにしたいです。
私は今、在宅で仕事をすることも結構あるけど、そうじゃない時の対応が一番懸念されているので。

ここにこんなことを書くのは初めてですが、実はこのお迎えは私が単独で実行したものであり、そうするからには、それなりの決意と覚悟、そして現実的な計画をしてのものでした…ということです。
家族皆が鳥が大好きで、お世話もする!で、みんなで歓迎!というのが本来はベストなんですが。うちの家族は、反対はしないけど巻き込むな!的なお考えです。そしてそれはもっともだと思っています。(いざ本当にピンチの時は助けてくれるとは思ってますが。)

まー、こんな顔で(写真)見つめられたらねぇ…頑張ろうって思っちゃうよねぇ…。

物凄く愚痴の多い文章で失礼しました。公開している「日記」なので、たまに心境が露呈してしまいます…。
[PR]
by a-becco | 2006-10-29 00:00 | 黄緑色
<< 健康診断に行く日! 緊張 >>