ここから新たに始まる

キョルさんのお迎えに行って参りました。
夕方近くに家を出たので、お店に着いたのが結構いい時間。。。
病院にも行きたかったけど、やはり同じ日に移動しまくるのはきついか…(お店と病院は近くにある同志ではないし)と思って、近日中、時間的に余裕のある時に改めて通院することにしました。
病院での診察とその結果が問題ないと分かるまで、まだちょっと心配はありますが…。


お店から家に帰ったのが夜8時頃でした。
電車に1時間半も揺られて…。車内では私の方が緊張してたかも。
キャリーの中では、キョルさんは落ち着いていました。

けれども家に入ってキャリーにかぶせていた布を取り、紙袋から出したとたんに、「ここはどこ!?」状態でカタカタ震え始めてしまい…
家族みんなに軽く対面させてから、リビングにキャリーのまま置いて、リンゴなどあげて様子を見ました。ワケわからん状態になってます。可哀想に。。

その後、ケージがある私の部屋へ連れて行って、ケージへ移って欲しかったんだけど、また怯えてしまってキャリーから出てこない…っ。
時間を掛けて話しかけたりしながら、ようやく手の中に収まったので、しばらく抱っこしてあげて、そしてケージへ入ってもらいました。

ケージの前面の柵にずっとへばりついて…動き回ったりしてたのでしばらくそっとしてたら、そのままウトウトしているようだったので、消灯しました。

お互いにアワアワしてた気がします。とりあえず、良かったけど疲れたー…。
キョルさんも本当にお疲れ様。

今日はバハティが亡くなって、丸3ヶ月目でした。
3ヶ月前の27日。一生忘れられません。
そしてそれから3ヶ月後の今日も、忘れられない日になりました。
お店の人達はみんな優しく接してくれていたから、しばらくはキョルさん
ホーム(お店)シックになるかも知れないなぁ。
改めてスタッフさんたち皆さんに感謝です。

焦らずに様子を見て行きます。
a0086994_1250011.jpg

[PR]
by a-becco | 2006-10-27 00:00 | 黄緑色
<< 緊張 カウントダウンなのかな >>