言葉&音真似レパートリー

キョルさんが発する数々のネタ(!?)

まずは、言葉や人の声の真似。
おはよう、ありがとう、ただいま、バイバイ、明日、はいはいはいはい…、ワンワン、ワイワイワイ、あ・はい、はぁ〜い!、まろ(うちで飼ってた猫の名前)、あ・そうか、ハンハン(キョルさんが勝手に命名したある人のあだ名)、おいしい、食べる?、待っててね、朝、はぁー(ため息)、何騒いでるの?、キョーちゃん、…あ!(ケージの外にいる時にフンをする時)、あふー!、は〜いキョーちゃん、あばよ(最近言いません)、ん!?、おっはー、ふあ〜(あくび)

次は音。
チョロチョロ(お茶を入れる)、カパッ(茶筒などのふたを開ける)、パカッ(掃除具のふたを開ける)、くしゃみ、鼻をかむ音、せき、うがい、パクパク(何か食べる音)、サクッサクッ(クッキーなどを噛む音)、コリッカリッ(お煎餅など硬いものを噛む音)、プルルル(巻き舌)、タンタン!(舌を鳴らすような音)、クチャクチャ(ガムを噛む音)、ズズー(お茶をすする音)、カチャ(瓶のふたを開ける)、くちゅくちゅ(歯磨き)、ピュイ!(笛のような音)、チュンチュン!(雀…??)、キィーー!!(何故か奇声のような金切り声)、ファスナーの音、バリッ!(ガムテープ)、笑い声数種類(アハハ!・クックック・フフフ…etc.)
a0086994_16474848.jpg




思い浮かぶだけ箇条書きにしたので、読んでもワケわからないですね^^;
多分、この他にも細かいのはいろいろあると思うんだけど、この時点ですでにかなり細分化してあってマニアックな気もします。飼い主しか分からないという…。
とりあえず、挙げていってみたら50近くありました。
生活に密着したものが多いですが、中にはキョルさんオリジナルの、意味不明なものも。音の方は結構リアルに聞こえたままを再現するので、あんまりやって欲しくないものもあります(笑)
『ふたを開けるシリーズ』は上記のように何種類かあって、開けるものによって微妙ですが確実に使い分けて音を出しています。細かいけどちゃんと忠実にやっているようです。
言葉の方は、そう聞こえるだけの空耳のようなものもあったりしますが、ほとんどはハッキリ言います。状況に合わせてちゃんと使い分けることもあるので、言葉としてしっかり役目を果たしているものが少なくないです。
[PR]
by a-becco | 2012-03-24 00:00 | 緑色
<< 十姉妹の仲間意識 お爺ちゃんと >>