どこから来たの

キョル@コミドリはどこの国で生まれたのか、まだ問い合わせ中で分かりません。
誕生日とともに、いつか分かる時が来るのを待っています。

どうやら、お店の人の話では、国産ではなく輸入個体であるとのこと。
日本で生まれた個体の方が、環境(季節など)に慣れやすい…ようなことは本で読んだことがあるけど。
でも外国からやって来たコもたくさんいますし。
どこで生まれていようがとにかく元気ならそれで良し!
ワンパクでもいい、逞しく育ってくれ…。
外国生まれでもいい、健康に育ってくれ! 願いはそれだけです。

日本でのキョルの移動は、もともと入店した関西から、東京まで。
それも、私が問い合わせた時はまだ小さ過ぎて移動できない状態…、育つかどうかも分からないほど小さいうちに関西のお店にやって来た…ということでした。
(個体として貧弱であるとかそういうわけではなく、月齢がということです。)
お店の担当さんは「普通はもう少し大きくなった状態で、ブリーダーさんから送られて来るけど、今回は早かったです。」とおっしゃってました。異例の小ささですか…。

国内の移動さえ、小さ過ぎて無理と言われているのに、そんな状態で海外からやって来たのだろうか…?
なんてちょっと思って、心配でした。
実際に挿し餌2回まで育った状態で初めて対面したのですが、そこまでちゃんと大きくなってくれて本当に良かったと思いました。

同じ時期にコミドリは数羽入店していて、みんな希望者がいる支店へ送られて行ったようですが、紹介を見ると国産が多いのです。
正直、「国産」という響きには何だか安心感があるなぁというのは嘘ではないです。
でも、上にも書いた通りキョルが国外組でも何でも元気が一番です。

バハティ@オカメは、隣町の個人のショップで買ったのですが、こちらは結局どこの生まれだか、分かりませんでした。
オカメなどの場合、特に大量繁殖で生まれ、東南アジアなどから輸入されて来る個体はあまり強い個体が多くない、もしくは少ない…というのは定説です。
バハティはいろいろ病気が大変なコだったので、もしかしたら、このような生まれだったのかも…?と思ったこともありました。
今となっては、どうでも良いとも思うんだけども。
その時、そういう状態で輸入された雛だと知っていたら、恐らく買わなかったかも知れませんが、それだって生まれて来た命だし。
それにお迎えして育てて行けば、何にも代え難い1つの存在なのだから。
…というのは、モノは考えよう、ということになるのかな‥‥
一応、鳥の扱いが丁寧なお店で聞いて、そこから紹介してもらった店であって、紹介してくれた人は「あそこは国産の雛を扱っている」とは言ってたのですが。
そして国産だから絶対に強い、外国産は弱い…とステレオタイプに思い込むのも良くないとは思います。

愛玩動物、伴侶動物として生まれて来る生き物達の辿る運命は過酷な場合も多々ある…
縁あって迎えることにした一つの命には、できる限りのことをしてあげたいと思っています。
適度に適切に…。過保護なのは嫌いなので。
[PR]
# by a-becco | 2006-09-21 00:00 | 黄緑色 | Comments(5)

ストーブが来たよ

ハロゲンストーブが配送されて来ました。
うちは、石油ストーブが主力なんですが、これはやはり空気が臭くなり、呼吸器がデリケートな鳥にはちょっと可哀想な代物。
以前のオカメの時は、主治医さんにも相談して、こまめに換気してあげる…という対策を取っていたのですが。。
思い切って、電気ストーブを購入しました。思いのほか安くて助かりました。
このストーブの箱に書かれているコピーがいい。
「空気を汚さず素早くあたためる!」です。素晴らしい。
今年の冬からは、頼んだよハロゲン。

あと、保温対策としては、園芸用ビニールシート購入。
いろんな本を読んでいて、これでケージの周りを囲って保温している人が何人かいました。
アクリルケージケースはね…高いんです…。買ってやりたいけど。
でも幸いアクリル板なら、家に使えそうなのがあったのです!
これを立て掛けてあげたりすれば、結構良い感じになりそうかも知れない。
ビニールと板の併用で、しばらく様子を見たいと思っています。

それと、カバー付きのヒヨコ電球は、オカメのおさがりで大丈夫だと思う。
加湿器は…濡れタオルを部屋に吊るして工夫されている人がいたので、それで行こうかなと思っているのですが。
アクリルケースよりお手頃なので、これは検討中…。温湿度計も欲しいところです。

あとはサーモスタッドですが、これはしっかり揃えてあげようと思います。
あればかなり強力な味方ですからね。

しかし肝心のキョルさんはいつになったら我が家に来るのか、目処が…。
頑張ってご飯を1人でいっぱい食べられるようになって欲しいです。
こっちは楽しみにしながらゆっくり準備しております。
[PR]
# by a-becco | 2006-09-21 00:00 | その他 | Comments(2)

遠い道のり

キョル@コミドリがいるのは東京・上野のお店です。
うちから行くには片道1.5時間くらいの所要時間です。
交通費は往復で2500円以上かかります(泣)
遠回りすれば数百円は浮かすことはできるのですが…。イタタ。
身請け代(!?)もなかなか安くはない値段ですし、設備の準備にもそれなりに出費がかさみます。
本来ならば、暇さえあれば会いに行きたいのですが、私はー私はー私はド貧乏!!

だから、東京方面に用事があって、且つ時間に余裕があるというときがチャンス!
今までもこのお店に遊びに行く時は、なるべく用事のついでに…という感じで寄ってました。
東京の方へ行くことがあっても、会いに行くだけの時間がないことも(本来の用事だけでいっぱいいっぱいで。)あるので、せっかく近くまで来たのに!と切ないときも~。
お店が開いている時間とも合わなければいけないし。。。

次、会いに行かれそうな日はいつかなぁ…。
もちろん、そのためだけに行くことも考えてはいるのですが…。
a0086994_0541163.jpg

[PR]
# by a-becco | 2006-09-20 00:00 | 緑色 | Comments(0)

ブログ新設

どうしようかなと思いましたが、新しくインコ中心のブログを作ることにしました。

[黄]亡くなったオカメ・バハティへの想い。
[緑]そして新しい相棒になるコミドリコンゴウのこと。
きっとこれからは、今を生きているコミドリのことを中心とした緑色が濃いめの日記になるとは思います。
けれど、そのきっかけ…コンパニオンバードの素晴らしさを教えてくれたのは、黄色いバハティ。
バハティは美しいルチノーパールのオカメインコでした。
闘病の身でありながらも、毎日家族への愛情をたくさん与え、求めたバハティの姿。
それをずっと大切にしたい。バハティへの愛を込めて、黄緑色の日記としました。
バハティの思い出も、今後ちょこちょこと出て来ることでしょう。


さて、コミドリの名前ですが、「キョル」にしました。
---------
鳥を見ていると小さな小さな恐竜のように見えることが前からあって…。
逆に恐竜を見ても鳥のようだと感じることもあって…。
おそらくあると思われる遠いつながりに思いを馳せて。。。
ダイナミックに育って欲しいと思います、ほどほどに…(笑)
---------
↑点線の中の文章は、先日お店の担当さん宛てに書いたメールの一部です。
恐竜のキョルです。でもこの他にももう少し由来があるのだけど、それはまたいつか書きます。
事情を知っている極一部の人は、この名前を呼ぶだけでちょっと笑ってしまいます。
私も笑ってしまいます。

この担当さんに宛てた文章が、いかに苦し紛れのこじつけであるか分かってしまううえに、
元ネタが「あれか。」と思うと、ね。でも、みんなはマニアックすぎて分からないかも。
(そもそもこのメールも割と真面目に書いているようで、内容は間抜けっぽいし…。
でも、多少間が抜けたような名前の方が、愛嬌があって力んでなくて良いかなーと。)

そういうわけで「キョル」は、雛に会う前から何となくこの名前を思い浮かべて、
想像で呼んでいたから、会った時どう見てもキョルにしか見えなくなってしまったんだよね。
大切な二代目相棒なのだから、もちろん後悔するような由来ではありません。
楽しい名前を命名出来たと思います。のっけから超自己満足…。

まだお店でスタッフにお世話になっております。お迎え日は未定…。
早く会いたいなぁ。元気にしているかな。

今後とも、キョルをよろしくお願い致します。

a0086994_1363055.jpg

[PR]
# by a-becco | 2006-09-18 00:00 | 黄緑色 | Comments(2)