<   2014年 06月 ( 3 )   > この月の画像一覧

覚え書き?

今月は「あれっ?大丈夫か…!?!?!」ってなってしまったことが2件。

ひとつは、ある日、朝になってケージに被せてあった布を取ると、ニコの横っ腹あたりが血で染まっていて…。何事!?と思って手に取ってよく見てみると、左足の親指の爪がいつの間にか折れて、そこから出血して汚れた羽毛が目に留まった、という事態でした。
発見した時はもう血が止まっていてどうにも出来ない状態だったのだけど、夜に暴れたのだろうか…どうして爪が折れてしまったのか結局分からないまま。でも止まり木を見ると、親指が当たる位置に血痕が点々とあって、痛い思いをしていたんだ…ということに後々になって気付いて、可哀想で愕然としてしまいました…。
自然木の止まり木を固定しているところが針金を使っているので、もしかしてこれか?と思い、そこは引っかからないように改善してみました。実際そこに引っかかったかどうかは分からないけど、あり得そうというか、思い当たるところをとりあえず。。。
ケガは、気になって経過観察していたけど、その後は元気にしています…。でも気をつけないと……。


もうひとつは、キョルさんの声がいつもと違って変!?という朝がこれまた別の日にあって、起こした時にあんまり喋らないなぁ…どした?と思ってたら「おはよ」の声に違和感。文字で書くのは難しいけど、とにかくいつもの声じゃない…。その後いろいろ喋ったけど変なまま。風邪引いた??と心配になって来た時にクシャミが一つ出ました。鼻水っぽいものが出たのか自分の鼻の頭にくっつけてて、取ってあげたのですが、そしたら戻ったような…。鼻水が原因なのか、これも確たるものがよく分からずじまいでしたが、そのうち元に戻りました。こんなことは今までなかったので、ちょっと焦ったという…。


その後はみんな変わりなく、元気に過ごしております。。。
手帳にもメモっておいたけど、とりあえずこのブログにも残しておこうと思います。
最近はみんな元気でありがたいのですが、のほほんと気を抜かないで、飼い主が気を付けてあげられることは、ちゃんとしなきゃ…と思うような2件でした。
[PR]
by a-becco | 2014-06-30 00:00 | インコ&フィンチ | Comments(2)

コンパニオンバードNo.21に

a0086994_22143144.jpg

今月発売したばかりのコンパニオンバード21号(誠文堂新光社)に、キョルさんとニコが載っています。
見本誌を頂きましたので、記念に一緒に撮りましょう。
a0086994_22154333.jpg

誌面には、あんまりこのブログでも明かしたことのない普段のやり取りが書かれており…結構恥ずかしいです。
キョルさん…私が写ってるところ踏まないで……

a0086994_22164349.jpg

ニコは、怖がってあんまり撮らせてくれませんでしたが、一瞬だけ表紙のオカメさんと向き合っているような感じに…。

取材ってどうやってする(される)んだろう??という興味がまず一番先にあって、受けてみることにしたのですが、なるほど、こんなふうになるのか〜といろいろ知れて面白かったです。私はだいぶ前にこの本でもイラストを描かせて頂いてたこともあるのですが、今回はそういった経緯は全く関係なく、偶然お声が掛かりました^^;;; 話が来た時に、うちの鳥を雑誌デビューさせたい!!!っていう意気込みはなくて…うちなんかでいいのだろうか…恥ずかしい…と思っていました。実際、本になってもそれはあんまり変わらない^^;ちょっと嬉しいけど、恥ずかしいのが大きいです。
キョルさんは、取材当日はどんな反応をするか未知数でしたが、思いのほかノリノリでカメラにポーズ取り始めて驚きました。外面が良いのでしょうかね…。ニコはクールな感じでマイペースでした。
[PR]
by a-becco | 2014-06-11 00:00 | インコ&フィンチ | Comments(5)

放鳥の時

a0086994_22275170.jpg

普段は、主張が激しくて出せ出せ!ってうるさいキョルさんを(年齢も上ということもあって)優先して先にケージから出してあげていますが、何だかその時のニコの視線が熱いことも結構ありまして。

数本ある止まり木の中でも、私に距離が近いところへ寄って来て、こっちをじーっと見たり、「私だって出たいわ!」とばかりにケージの中でバッと飛んで手前の柵越しに掴まり、また見つめて来ます。ニコはジュウシマツですから声も小さいし、まして叫ぶという行動は出来ません。チッ、チッ!と小さく鳴きながら視線とケージの中での動きでアピールします。視線からは、無言の圧力を感じます。。。

キョルさんがいる間は、危ないのでほとんど我慢して貰っている状態で、ちょっと可哀想なのですが、絶対に同時に放鳥できないし、キョルさんがケージに入った状態だから大丈夫かと思ってニコを出していたら、わざわざキョルさんのケージの屋根に止まりに行ったりして…危険なことを敢えてします^^; 
キョルさんが天井にいるニコの足を瞬間的に噛んでしまったらと思うと、とても怖くて、それ以来キョルさんがケージ内にいる時もニコは極力出さないようにしてしまいました。
どうして挑発するようなことをするのー!(ニコも結構賢いのでどこまで分かっていてやっているのか、知りたいです…)ニコは、ジュウシマツにしては勝ち気というか、結構オフェンシブな行動があって面白いのですが、たまにヒヤッとさせられます。
[PR]
by a-becco | 2014-06-03 00:00 | 十姉妹 | Comments(2)