<   2011年 04月 ( 4 )   > この月の画像一覧

この写真は…ブサイク!?

a0086994_0532086.jpg

前回と打って変わって(?)普通に撮るとやっぱりこんな質になってしまいます。
いつも一眼レフが使える状況ではないので……う〜ん。不本意。

キョルさんは、私達が会話中に何かに対して「かわいい〜」とか「かわいいよね」って言うと、物凄くイイお返事をします。間髪開けずに「はぁ〜〜い!」と。
かわいい=自分、といつの間にやらインプットされたのでしょうか。ビックリします。
なのに、改めてちゃんと「キョーちゃん可愛いね」と言うと、あんまり反応しないのです(笑)
人同士の会話は良く聞いているようなので、そこに入って行くタイミングを伺っているのかも知れませんね。
自意識過剰なキョルさんです。
[PR]
by a-becco | 2011-04-29 00:00 | 緑色 | Comments(6)

カメラを替えてみると

いつもは古いデジカメで撮ってて、腕も良くなければ撮るときの環境も良くない状態で、補正もあんまりしないし(これは私のせい)、まぁ不本意なことばかりです。
今回は新しいデジカメで撮ってみたものを載せましょう。

a0086994_14471748.jpg

a0086994_14471190.jpg

ピントが甘いですね。家が暗いんでしょうかね。

「OLYMPUS マイクロ一眼 PEN」です。アートフィルタのジオラマモードが面白くて街並ばっかり撮ったりしてましたけど。鳥達もいつもより美化されて撮れている気がしますよ。
アートフィルタなんてPhotoshopで同じような加工をいくらでも出来るわけですが……でも楽しいね。新しいもの好きだから(笑)

a0086994_14472640.jpg

a0086994_14472153.jpg

a0086994_1504171.jpg



今後は時々このカメラで撮ると思いますが、小さくて使いやすいいつものカメラの方が出番が多いと思います…。なるべく奇麗に撮れる方が良いのですけど。鳥達、どうしてもカメラ苦手なので。
その上「カシャ」って音がしてしまうから、ニコなんてその度にシュッと細くなって警戒してるし^^;ちょっと可哀想でした。

でもやっぱり写りが全然違うなぁと感動しました。

それからニコはついに先日から普通の鳥かごに移る事が出来ました。
今まで保温・酸素部屋という名の水槽で暮らしていましたが、ケージで暮らしてます。これからも保温に気をつけつつニコにはノビノビして欲しいです。そして新しく気に入った食べ物があります。次回はそのお話を書きます。
[PR]
by a-becco | 2011-04-20 00:00 | インコ&フィンチ | Comments(6)

誕生日……

a0086994_158572.jpg


キョルさん、ごめんよ。
キョルさん、お誕生日おめでとうだった。
キョルさん生誕5周年記念だったのに、日付をザックリ勘違いしてました。

お店から貰った書類によると2006年4月10日頃ってなっているのでした。
何だか15日に勝手にズラして「もうすぐ誕生日だね」と思ってた私。
何故でしょう……5歳になるから?5っていう数字が強調されて日付に反影???
私の脳内はどうなっているのでしょう。
でも、まぁ、「頃」ってありますから10日ジャストではないわけですよね!
しかも10日と言えばそう、一応通院が一区切り付いた日だったではないですか。
10日はそれでもう頭がいっぱいだったのかも。その時はまだ15日と勘違いしていたし……


‥‥‥っていうのが今年のキョルさんのお誕生日に頭を駆け巡った言い訳です。
先日鳥の病院の待合室でチラリと読んだ本にはコミドリコンゴウの寿命は20年とありました。
これが本当かどうか知りませんが、そうだとするとまだ4分の1ですね。でももう4分の1。
これからもとにかく元気に今までのように過ごして行ってくれればそれで充分です。
他の鳥達の治療費などで出費がかさみ、今年は何かプレゼントでおもちゃなどは買ってあげられませんでした。
殻付きアーモンドをあげたり、いつもより多めにヨーグルトをなめさせたり、それなりにおもてなしをしておきました。
本人は誕生日の認識はありませんから本来こういうことで良いのだっと思っております。
変に特別な1日を作るのは飼い主の都合だなと。

これも言い訳っぽいですね。。いえ、物は考えようです!
a0086994_1582723.jpg

ちなみにケーキは妹が料理教室で作って来たものです。
キョルさんは食べてません…




------------------------------------
それからヨーロッパジュウシマツ夫妻の壷巣からチィチィと声が聞こえます。
3月末頃産んでいた卵が孵化したようです。
去年は産んでも全部自分で割ってしまったり、孵化しても上手く育てられなかったりしたのでちょっと心配。
今度の卵も5つ産んだのは確認出来ていて、そうしたら翌朝1つ床に落とされて割られていたので不安がよぎりましたが、その1つで済んだようです。どうしてそういう行動に出るのかなぁ。駄作を割る陶芸家のようです……。環境は整えているつもりなんですけどね。
今回は育児放棄せずに上手く育ててくれると良いなと思います。
[PR]
by a-becco | 2011-04-14 00:00 | 緑色 | Comments(6)

a0086994_0335478.jpg

すっかり春になりました。遅いと思っていた桜の開花も進んでますね。
今日はまた、ニコとコマを連れ、鳥の病院へ通院でした。

ニコもコマも本日で薬も切れ、治療を完了することが出来ました。

コマちゃん@セキセイは体重は1g減って37gとなっていたものの、初めての通院以来、いただいた薬が効いたようで、吐出することは一度もなくなり、回復しました。
もしも、これが胃炎ではなくガンなどだったとしたら、今回処方されていた胃炎の薬は効かず、症状が悪化していたはずだとのことでしたので、まずは胃炎を疑っての治療をしてみてそれが当たったことで元気になりました。

そしてニコ@十姉妹です。体重は1g増えて14gになっていました。
先日から普通の空気の中でも、開口呼吸もすっかりなくなり、チアノーゼも出ることなくとても良い感じになって来ていました。
1週間くらい前から、声も出るようになりました。クロちゃん(ニコ父)が歌を歌うとすごく反応して、チッチッと応答するようにさえずります。他のオスが歌っている時はそうでもないのですが…。ニコは性別は今は良く分かりませんが、メスだとしたら発情しないように気をつけようと思います。

先生に元気な姿を見ていただいたら、「あんなにすぐ(チアノーゼで)紫色になっちゃってたのに」「ここのところで急激に回復しましたね」とやっぱり少し驚かれたようです。
私も(入院させた時に完治せず、ニコを連れて帰った時はそのまま)「うちで看取る覚悟でした」と言いました。諦めないぞと思ってやれる限りのことはして来ましたが、その反面では期待し過ぎてはいけない状態になっているとも感じていたからです。

でもニコは本当によく元気になってくれました。
レンタルしてた酸素濃縮器も先日返却することが出来ました。
これを返す時は、ニコが元気になるか星になるかのどちらかだ…と思っていたので、最良の展開で返却できたことがとても嬉しいです。

先生が「(ニコは)頑張りましたね!」と言ってくれて飼い主である私にも「あべさんも頑張った」と改めて声を掛けてくれたことが印象的でした。
これでしばらくは、何もなければ通院はしなくて良いことになりました。院長先生を始め今回も病院には本当にお世話になりました。感慨深いです…。

2ヶ月強、ニコのこと、コマのこと、それに震災…といろいろありました。とても長く感じましたし、逆にあっという間に4月になっていたという気もします。

a0086994_0311622.jpg

a0086994_0314880.jpg


これからは、またユルユルとしたブログに戻れそうです…
[PR]
by a-becco | 2011-04-10 00:00 | インコ&フィンチ | Comments(9)