<   2011年 02月 ( 6 )   > この月の画像一覧

何となく図説

a0086994_17363364.jpg

ニコの酸素室ですが、写真じゃなくて図説で必要なところだけちょっとでも分かりやすく描けないものかと、やってみました。
と言っても急いだ上に片手間なので荒いのですが…。

ポイントは餌と水の容器(これは普通の、ケージに掛けて使う小鳥用のよく見かける小さな容器。)を留めておくためにフン切り網をテープで水槽に貼って、そこに止まり木もはめ込んで固定したところに引っ掛けるようにしたことでしょうかね。
別に、床に陶器などの入れ物を置いてあげても良いと思いますので威張って言うことじゃないけど(笑)でも、うちの場合25ccの水に溶かして入れるように指示された薬を入れるには、この容器が一番良いと思うのです。そのくらい少量の水を入れておいて鳥が乗っても傾いたりひっくり返らないようにしておくには、これはベストかなと。
それから粟穂の茎も引っ掛けやすいので、これはこれで良い感じのレイアウトかなと思います。
床は新聞紙と本来はティッシュペーパーを敷いています。
前回も書いたように、かなり乾燥しますので湿度調整用に水を置いたり、さらに濡らした布巾を水槽の壁に掛けたりして調整しています。これによって薬の入った飲み水が干上がることはなくなりました。

さて酸素濃縮器ですが、リース品が届いた時、想像を上回る大きさと重さにビックリ。
20kgとか? 小さな冷蔵庫くらいの感じですかね。
これで24時間ずっと酸素30%増の状態をキープ出来るので、非常に助かるのですが、この機械割とうるさいです。ダースベイダーが絶えずいる感じ。シュコーー!プシューン!と空気を送る音と起動させてるヴゥゥーーーーーンという音がずっとしていますので、一部屋しかないところに置いて、そこで就寝するにはちょっとキツいかも知れないと思いました。(うちは居間に置いてます。)

水槽の蓋は、結局普通のタオル2枚くらいを重ねてかぶせている状態でOKのようです。
これも前のエントリーに記述しましたけど、基本的に酸素濃度を上げないといけないのですが、上げ過ぎても駄目で、適度に通気していなくてはいけないというふうに先生から言われていたので、どうなるかなと思って意たのですが、今のところ問題なく過ごしています。
酸素、湿度、温度、すべて過不足ない状態を維持って難しそうですけど、何とかなってます…。
これから季節が変わるので、その度に新たに工夫しなくてはいけないところは出て来ると思います。
夜はここにもう少し大きなタオルケットを巻いてあげて寝かせます。

専用のケースも一緒にレンタル出来るものも紹介されましたが、初期契約金と送料(往復)、それに月々のレンタル料などいろいろ比べると、今回私が使ってみたところの方がだいぶ節約出来るので、水槽が利用出来る小さな動物ならこれ(酸素濃縮器のみ)で大丈夫だと思います。
うちが使っているのは契約金自体が往復送料になっていて、レンタル料も比較的マシなお値段。
直接取りに行かれる場合は、レンタル料だけでも良いらしいことをネットで見かけたので、そういう人はもっとお得かも知れません。

全体の感じはキレイに写真が撮れたら雰囲気だけ伝わるように載せようかと思いますが無理そうです…。
[PR]
by a-becco | 2011-02-24 00:00 | 十姉妹 | Comments(0)

十姉妹ニコの酸素室

ニコは14日に退院して来ました。夜に迎えに行ったので、ちょうど関東は雪の日になってしまいましたが、無事に帰って来ました。
a0086994_0171257.jpg

入院したものの完治は出来なかったことにかなり落胆してしまった私ですが、気を取り直して先週から退院へ向けて情報収集、器具の準備など進めまして、業者に酸素濃縮器を借りました。

探してみるといろいろな会社がペット用にこのようなサービスをしていることを初めて知りました。
私が借りたのは酸素の機械だけなので、写真のように、水槽を使いそこに酸素を送るチューブを取り付け、酸素濃度30%増の酸素室を作りました。
酸素は入れれば良いのではなく、やはり適度に抜けないと逆に濃度が高まり過ぎて危険なのだそうで、密閉しないように気をつけています。
病院で紹介された業者さんのものだと、そのような配慮をされたケースもセットになっての貸し出しがあって、そこにケージを入れておけば安心なんだそうですが、いろいろ考えて私はこの方法でやってみることに。

ヒーターも入っているのでちょっと心配でしたが、火ではないので引火することはないから大丈夫です。24時間酸素がチャージされていると、やはりかなり乾燥するようで、一晩入れておいた飲み水が翌朝干上がってしまっていてビックリしました。夜中は飲みませんし、朝替える予定だったので特に問題はありませんでしたが、保湿するために中に水が入った小さな湯のみを入れ、この水は飲まないように網をかけました。(飲み水には薬が入っているので、それを飲んでくれないと困るからです)

夜そっと暗がりで見てみると、ニコは眠っているときは、口を開かずに呼吸していました。
でも起きるとパクーパクーとやっています。しかし動きはなかなか快活で、餌もよく食べるし、うちに帰って来てくれて良かったと思いました。でも入院したからこそ、完治はしなかったもののこの状態でいられるのだと思います。あのままだったら最悪もうここにはいなかったかも知れません。
ニコはやっぱり可愛いです。ニコのためなら出来ることは何だってしてあげたいです。
お金は働けばまた手に入りますが、ニコはそうは行かないのだ、と改めて反省しました。
a0086994_0382084.jpg

↑チアノーゼも見られていないので、ひとまず安心しました。


自宅治療となりましたが、まだ上記のように薬を処方されていて、通院も予定しています。
先生には「1年は持たないだろう」というお話を伺いましたが、とにかくニコがいる時間を大切に過ごそうと思います。あまり悲観的になっても仕方ないし、もしかしたら治っちゃうかも!とも思いながら…。過剰な期待はせず諦めず、達観して……気の持ちようがなかなか難しいところですが。

もしも呼吸困難の小動物と暮らすことになった方に、何か少しでも参考になってくれたら良いなと思いますので、今後もちょこちょこレポートしたいと思っています。
次回は使用している酸素濃縮器に付いてちょっと書こうかなと思います。

-----------------------------
キョルさんは相変わらずマイペースでバナナちゃんのカーブに添ってウットリしています……。
a0086994_0394890.jpg

a0086994_0395835.jpg

先生に爪を切ってもらってからちょっと右足を引っ込めて片足で立ってる時があったので、うーん、もしかして強く握られ過ぎでもしたのかなぁ?と思うのですが、右足だけで枝に掴まってることもあるので大丈夫だろうと思います。いつまでも気になるようなら相談しようと思いますけど………
ちなみに足輪が付いていた頃は、それが原因で痛くなってしまったらしくて、ずーっと引っ込めたままでした。なので病院で切って取ってもらったことがあります。
[PR]
by a-becco | 2011-02-18 00:00 | インコ&フィンチ | Comments(4)

やれやれ‥‥

一つ前のエントリー、一番気持ちが高揚して焦りが出ていたなぁと思いますね。
感情的で感傷的で、読み返すと恥ずかしいから後々消すかも知れません。
夜中に書いた文章は、それでなくても良くないことが通例なのに。
気持ちをどこかに吐き出さずにはいられなかったので、お目汚しをしました。
実際、ここ数日食欲が落ちたり夜中に目が覚めて眠れなくなったりしました。
ニコのことが可哀想で、ショックで。


あの後また考えました。焦って退院させたところでやはり24h酸素を供給出来ないと生命を維持出来ないというのは分かってることなので、やはり酸素濃縮器をうちに設置する方向でいろいろ調べました。
目星がついたところがあるので、休み明けに連絡してみることにします。
で、環境を整えてから迎えに行くことにします。

それから、面会に行ったら、ニコは元気そうに動き回っていました。ただ、やっぱり口はパクー、パクー、と開いてしまうのですが。確かにそれ以外では特に問題はなさそうにしていました。先生は肺炎だったとしたらその後遺症が残ったのかもしれないともおっしゃっていました。トリコモナスはもう大丈夫らしいです。それから何かの中毒でもないそうです。でも何だかハッキリはしません……

面会に行くついでに折角病院まで行くのだから、久しくやっていなかったキョルさんの健康診断をしてもらうことにして、一緒に行きました。
キョルさんの体重は、152gになっていました!落ちた!やった!
うちでは最近デジタルキッチンスケールが壊れてしまい、1gまでの詳細な計測が出来ていなかったのです。
丁度良い肉付きと言われました。一時期160gくらいあったと言ったら、それはちょっと多過ぎかもと言われました。私もその頃からおデブが心配だったので、ちょっと意識しておやつなどを控えていたら丁度良い体重になっていて良かった〜と思いました。やっぱり増えれば良いってものではないのですよね。

それにしても院長先生の保定は,流石ものすごく鮮やかでしたねぇ……まず捉えるのが速い…。
爪切りも一人でやっちゃうし。それまでお店の人でも家でも二人掛かりでしたから。
そして糞便・そ嚢検査共に全く問題なしの健康体でした!キョルさんは本当に健康で助かります。
ありがたいことです。
[PR]
by a-becco | 2011-02-13 00:00 | インコ&フィンチ | Comments(2)

何よりも辛くて悲しいこと

文章、まとまりがなく長い上に重いです。いつものお気楽な感じで行けなくてすみません。


また今朝、電話で先生に十姉妹のニコの様子をうかがいました。
本人はとても元気なんですが、開口呼吸がやっぱり止まらないそうです。(それ以外は元気…)
で、肺炎と心臓病を疑って、それぞれに効くであろう処置をしてみたけど、効果が出なくて酸素濃度を下げると元気がなくなってしまうそうなのです。そうなると、通常の状態で生活させたらもう永くはないだろうと。
これらの薬が効かないということで、考えられることは呼吸器官と肺との間に何か気道を狭くしてしまうものが出来てしまったのかも知れないけれど、小さな生き物なので詳細な検査はもう出来ないとのことでした。
正直もう手の施し用がない感じでした。対処療法は原因療法よりも手探りなのは分かりますが、何ともやり切れません………。


病院でこのままずっと、酸素を送られたプラケースで看護し続けてもらえれば、ひとまず生きながらえてくれるのかも知れません。
でも実際、もう入院して1週間。入院治療費は毎日毎日かさんで行っています。残念ながら私は財布に余裕があるとはとても言えない身なので、今までの費用を出すだけでも(必要と分かっていても)正直かなり苦しいです。それでも治るのなら、と思ってここまでお任せして来ました。お金のことは言いたくないけれど、一番現実的で切実で重要で、限界があるものでもあると思います。

そして何より、ずっと会えない状態で、遠くで生きている私の愛鳥……………

と、考えた時に、もう引き取ろうと覚悟しました。
自宅治療の方法もないわけではないと思いますし、先生も一応酸素補給機のレンタルも紹介は出来るとおっしゃってくれました。まぁこちらも金額的に許容出来るか。どうかなぁ…厳しいかも知れません。

本で調べていたら、薬局などで売っている携帯酸素を使って看護する方法や、酸素チャージャーを使って呼吸を楽にしてあげる方法など見つかりました。
なので、さきほど通販で取り寄せてみることにしました。レンタル機器には叶わないとは思いますが。(でもまだレンタルについては詳細を聞いてないので決め兼ねています。)

こんなことになったのは初めてです。
結局原因が特定出来なくて、呼吸困難が続くというのは。
a0086994_173481.jpg

これは初めて通院することになる前日の写真ですが、こうやって前日まで普通に暮らしてて、開口呼吸なんてしていなかったのに、あれ?と気付いたらその後はどんどん酷くなりました。表面化するまでだんだん蝕まれていたのかも知れませんが。…本当に分かりません。
そして治してあげられなかったことが何より悔しいし悲しいです。
ニコはまだ生まれたばかり、今度の16日でようやく孵化2ヶ月の若鳥です。
私が初めて育てた十姉妹です。こんなに可愛いのに。どうしてって思いが切れません。

退院させたらきっと悪化してしまうと分かっているのに。
でもこのまま、会えないまま最期まで病院にいさせるというのはもっと悲しいと思いました。
私が今、自分に出来る限りのことはしているつもりです。
でも、これはエゴなのかなぁ、自己満足なのかなぁ…といろいろ逡巡もしました。
いずれにしてもいつか最期を迎えるなら,生まれたこの家で、私や親鳥がいる環境で、少しでも暮らしてもらって、そして看取ってやりたいと、今はそう思っています。

生き物と暮らす時、完治が難しい病気やケガを煩うことはもちろん覚悟しています。
そうなった時の判断は診て下さっている先生もですが、最終的には飼い主自身が考えて責任を負い、どうするか決めなければなりません。
そして個人個人で出来る限りをしてあげること、もうそれしかないと思います。

治る見込みがない時。どこまでしてやるのか、出来るのか。
どこで覚悟をしなくてはいけないのか。見切りをつけられるのか。
何が最良なんでしょう?
後悔するかも知れません。でも、もう上記のような気持ちです。決めました。

ニコ、うちに帰っておいで。
[PR]
by a-becco | 2011-02-11 00:00 | 十姉妹 | Comments(0)

キョルさん、お婆ちゃんに会う

a0086994_1421325.jpg

写真は関係ないものですが、母方の祖母がすごく久しぶりに家に来ました。
キョルさんは、ちょっと人見知りする時もあるのですが、動物好きな人には割と心を開くので、祖母にもすぐ打ち解けて「おはよ!」「ただいま!!」と良い子アピール。
膝の上にも乗ってお喋りしてました。普段見慣れてない人だからか、調子に乗って噛んだりすることはありませんでした。何と言うか、外面が良いと言うかネコかぶってると言うか…ホントはこんなじゃないんだけどなぁ…でも通常運転されても困るので、まぁ良かった、というふうに思うことにしました。私にやってるみたいに、いきなりガブリと行ったら大変です。そこは良い緊張感を持ってたようです。
やっぱりちょっとずつ知らない人やいつもと違う場所などに連れて行って、刺激を与えた方が良さそうだなと最近特に思うようになりました。
いつか機会があれば、オフ会みたいなものにもキョルさんと出掛けてみたいなぁなんて思い始めました。
キョルさんはとにかく内弁慶で井の中の蛙なので、もうちょっと社会性を身につけて欲しいのです。
このまま我が家の居間だけで、カミカミ暴君になってもらっていても悲しいのです。




a0086994_1421860.jpg

こちらはニコが粒の餌の練習をしていた時の写真。
今ではすっかり病院で一人餌してるようで、その点は良かったです。
手元にいなくなって数日経つのですが、寂しくて仕方ないので写真を見ていると切ないですねぇ。
おそらく今週中の退院は厳しいのかもと思ってるので、来週時間を作って一度お見舞いに行こうと思ってます。
その時にせっかく通院するのでキョルさんも健康診断をしてもらおうかと思います。
かなり久しぶりなので、もしかしてデブになってるって言われるかも知れないし、他に疾患が見つかるかも知れません。以前は肉付きも理想的で健康体だったのでとても安心したものですが。

ニコの肺は、結局肺炎なのか、はたまたムクんでいるだけなのか、血液検査をすればハッキリするのですが、今の状態では特に危険なので採血できないから分からないのだそうです。開口呼吸の原因が肺だけの問題なのか、先天的に心臓などが弱いせいなのか。ハッキリ検査できないこともあって、いろんなことが考えられるそうです。
病院に行かなきゃ!って思う前の日まで、開口呼吸なんてしていなかったのになぁ〜、と思うと、正直「何で急にこんなことに……」と思うと同時に、鳥の身体というのは本当に複雑だと改めて感じます。
写真の頃が懐かしいです。つい数日前なのに。「ニコ!」って呼ぶと手に飛んで来たりして、すごく嬉しかったんですが、そのころから病魔に蝕まれ始めていたのかなと思うと。

ちなみにニコの両親はトリコモナスを持ってるはずと言われて診てもらいましたが、検知できないほど微量しかなかったようで、それが幼鳥だったニコに移ったのだろうということでした。
代わりに糞便からコクシジウム(だったと思う)が出たのですが、これは2週間の投薬で完治するとのことで、親は重篤でなくてひとまず安心しました。
交尾して産卵している割には、ニコしかちゃんと生まれなくて、あとは無精卵ばかり。ニコの時はそもそも卵の数自体が少なかったけど、その後もう一度産んだ時も、結局全部ダメでした。
先生は、オスの精子の数が加齢と共に減っているのかもねとおっしゃっていて、ご自身も以前十姉妹を飼育していてペアリングが上手く行かなかった時に、オスを代えてみたら増えたというお話でした。
確かにクロちゃん(ニコの父)は今年で6歳ですから、全盛期は過ぎてしまってますからね……
本人は歌を歌ったりしてまだ現役バリバリでいるようですが。。。そうそう、ついでに伸び放題だった爪も切って頂けて良かったです。



う〜ん、何だか鳥が病気の時の方が、いろいろ覚え書きのように書きたいことが多くなって、更新頻度が増すのは皮肉なことだなと我ながら思います…。
こういう時でないと、鳥の病院の先生のお話など聞けないものですから、ある意味貴重な経験をさせてもらってるとは思います。けど本当は健康診断以外は行きたくない。
[PR]
by a-becco | 2011-02-10 00:00 | インコ&フィンチ | Comments(5)

色付きペレット

ちょっと前にこんぱまるさんにペレットなどを注文したら、おまけで入っていたペレットの袋。
詰め合わせみたいで、いろんな種類のものが混合してる。

ずっと前もお試しにどうぞって感じで入ってた色付きのペレットをあげたら、全然食べようとしなかったので、普段ナチュラルのものばかり与えているから、色付きは苦手なんだってずっと思ってました。
a0086994_1649169.jpg


でも、折角なのであげてみたら……食べてる……(笑)
a0086994_16554353.jpg

水飲んで味わってる……
a0086994_16485882.jpg


たぶん、以前もらったものとは別のペレットだと思うので、これはキョルさんの好みだったんだなと分かったのと、別に色付きでも食べるんじゃないかぁとちょっと驚いた一件でした。
ピンクとか黄色とか、好きみたい‥‥?

----------------------------

十姉妹のニコですが、その後もう一度通院して、それまで試した薬が効いてなくて、違う薬に変えてみてまた数日後…ということになってたのですが、翌朝(土曜日)、新しい薬が入った水を飲んでしばらくしたら、よだれのようにタラーッとその水を戻してしまって。3回くらいそれが見られたし、食欲も昨日まであったのに、食べてくれなくなって来ていて…。もうこれは危険だわと思って、病院に連絡し、土日は特に予約でパンパンに埋まってる所に急遽ねじこんでもらって、入院させて来ました。

病院のプラスチックケースに移され、酸素を送り込まれて治療を受けています。
昨日電話で様子を伺った所、餌もよく食べるし動きも良いし、チアノーゼもなくなったとのことで、悪化してなくて本当に良かったです…。でもまだ開口呼吸がみられるので、しばらくそのままお任せすることにしました。早く元気になって帰って来て欲しいです。
それにしても、電話で様子を聞くのも土日は避けて月曜の診察の終わる頃に合わせてかけたのですが、忙しくてすぐ対応できないので折り返しますとのこと。本当に相変わらず朝から晩まで大変だなぁと思いました。でもすぐにかけ直して来て下さって、ありがたかったです。

a0086994_16493644.jpg

病院へ駆け込む前のニコ。奇しくも私の誕生日に入院ということになってしまいました。
以前飼っていたオカメさんは、クリスマスイブに入院したし。。何だか平日よりも複雑な気持ちになるなぁ、なんて思いながら過ごしました。
帰宅したら自分もすごく疲弊していて、夜になったら頭痛と気分が悪くなって嘔吐してしまったり、なかなか惨憺たる誕生日でした。。。ニコもこんな風に気分が悪かったんだろうなぁなんて思いながら寝ました。
[PR]
by a-becco | 2011-02-08 00:00 | インコ&フィンチ | Comments(8)