<   2010年 11月 ( 4 )   > この月の画像一覧

十姉妹の産卵

ちょっと珍しく頻繁に更新したりして…。
というのも、十姉妹が卵を産んでくれました!

a0086994_1505628.jpg

↑向かって左が並十姉妹のペア、右がヨーロッパ十姉妹のペアです。

a0086994_1504656.jpg

今回、産卵が始まったのは並十姉妹のペアです。
1日1つずつの卵を産むそうです。昨日で2つ。
今は夜中にこれを書いているのでまだですが、今日(30日)にはもう一つ増えているはずです。

いくつ産んでくれるか。いくつの卵が有精卵か…無事に孵化してくれるのか……
楽しみで、ちょっと心配で。でも子育て上手の十姉妹ですからそんなに気を揉まなくても大丈夫だろうと思っています。
そして複数羽が孵化したら、しばらく様子を見てフゴ巣(ふご・おはち) の方へ移させてもらおうかと思っているのです。
私が上手に成鳥まで育児しようと考えています。オカメインコ以来、この小ささは初めてなのでどうなることやらですが。

なにはともあれ、まずは無事に生まれてくれることを願っています。
[PR]
by a-becco | 2010-11-30 00:00 | 十姉妹 | Comments(4)

小鳥屋さんへ行ったり。紙切り屋のキョルさん。

a0086994_18475246.jpg

先日は、個人経営の小さな小鳥屋さんへ行って、
新しく十姉妹を2羽買いました。
並十姉妹のオス(クロちゃん)のお嫁さんに並十姉妹のメス(ピンちゃん)を、
ヨーロッパ十姉妹のメス(チョコちゃん)に同じくヨーロッパ十姉妹の(ハイちゃん)を。
写真はそのお店にずっと飼われているアオボウシインコのタロウちゃんです。
新しくペアリングした上記の2組の十姉妹の様子は、また追って載せたいと思います。
↓こちらは珍しい鳥、セイオウチョウ。とても美しいさえずり声だそうです。聞いてみたかったけど、私がいる時は鳴いてくれませんでした。
※写真は許可をいただいて撮影しています。
a0086994_18554425.jpg



話は変わって、ブログの主役のはずのキョルさんですが、新聞紙ビリビリで紙吹雪制作係になったようです。
たまに(というか、割と頻繁ですが)スイッチが入ってしまうと、止めてもきかないでずーっとシュレッダーのように噛みちぎってます^^;
ちぎった紙くずを自分でパッと撒いたりして遊んだりもしています。いい頃合いでやめて欲しいのが飼い主の本音です……。
a0086994_1851545.jpg

a0086994_1852442.jpg

a0086994_18515119.jpg

新聞紙の中に潜ってご機嫌です。
a0086994_18591229.jpg

[PR]
by a-becco | 2010-11-25 00:00 | 緑色 | Comments(8)

メイちゃん

a0086994_19243119.jpg

昨日の夕方、ヨーロッパジュウシマツ(クリアウィング)のメイちゃんが永眠しました。
2006年8月に小鳥屋さんからお迎えしたコでした。
この夏を過ぎた頃から、羽根の状態がパサパサしていることがあって、換羽がうまく行ってないのかなと心配だったのですが…。
1週間ほど前に、祖母にあげていたオスの十姉妹クロちゃんを借りて来て、ペアリングしてみていたところだったのですが、ケージの掃除をしようとふと見ると壷巣の中で倒れており、取り出した時はまだ暖かく、亡くなったばかりのようでした。
そして改めて見てみると、尾羽の付け根あたり(尾脂線がある辺り)にポッコリとコブのような腫瘍ができてしまっていたことに、初めて気付きました。
これが、このコの寿命を早めてしまった一因になってしまったのは違いないです。腫瘍を完治させるのは厳しいと、以前の経験からは知っていますが、でもどうにかできなかったものかと悔やまれてなりません。

十姉妹に腫瘍が出来てしまうことは、少なくないことなんでしょうか。
うちではクロちゃんの母親も、妹も、別々の場所ですが悪性の腫瘍ができて亡くなっていしまいました。
全部メスであることも,何か関係があるのだろうか。多かれ少なかれヨーロッパジュウシマツの血が入っていることも……??
鳥の専門医のお話では、腫瘍は先天的なものだから、遺伝が大きく関係して来るとも聞きました。
でも同じ親から生まれたクロちゃん(オス)は今年で5歳ですが、まだまだピンピンしてます。
十姉妹、こうして考えるといろいろ分からないことが多いなぁと思いました。
十姉妹に限らず、鳥は産卵という大きな仕事がメスにはあるので、そういう面からもずいぶんと消耗してしまう運命なのかも知れません。

メイちゃんに話を戻すと、このコは荒鳥として売られていたけれど、あまり人の手を怖がらない大人しく優しい性格のコで、とっても可愛かったので、非常に思い入れがあります。容姿も性格も本当に申し分ない素晴らしい小鳥でした。
亡くなった時は大泣きしてしまいました。亡骸は、家にある柊の鉢植えを今より大きなものにして、その土に埋葬し、植え替えしました。
これからは柊の一部となって生きてくれることを願っています。
a0086994_193467.jpg



たった1羽の十姉妹がいなくなっただけ、とも言えますが、今は本当に心にポッカリ穴が空いたようです。1羽飼いの時も短くなかったけど、オスと同居させてもメスと同居させても、いつも寄り添って相手の羽繕いをしてあげている姿が印象に残っています。本当にいい子でした。ありがとうね、そして安らかに。メイちゃん。
[PR]
by a-becco | 2010-11-10 00:00 | 十姉妹 | Comments(6)

ごまダンス

a0086994_4473586.jpg

今、写真が補正できない状況なので曲がっちゃっててごめんなさい><

キョルさんは、最近この「待ってて棒」に乗って、食卓のそばにいられるようになったのは良いのですが、煎りごまをちょっとあげたら、それが気に入ってしまい、それ以来ごまが入った容器を持つたびに、食べたさで棒の所で左右にステップを踏みながら身体を上下させせわしく動く「ごまダンス」をするようになってしまいました。
あんまりあげるのも心配なので、キョルさんが見てる時はごまの入れ物を触らないようにすることにしました。
本当に食い意地が張っています。
[PR]
by a-becco | 2010-11-03 00:00 | 緑色 | Comments(10)