<   2009年 03月 ( 6 )   > この月の画像一覧

破壊状況

キョルさんは新しいオモチャをだいぶ壊しました。
下の記事のコメントでも触れましたが、小さなベルの中の部分(揺れるパーツ)を全部取りました。
噛みちぎられて二度と取り付けられないものもあり、修復するのは諦めました……

そして今日見たら、そのベル自体も床に落っこちていました。
上手いことリングから外してしまったようです。器用ですね。。。
これはくじけずに後でもう一度取り付けておこうと思いますが‥‥

それにしても、気に入ってくれてよく遊ぶので、こちらも嬉しいです。
(もうひとつは、まだダンボールの中ですが…。)

ちなみに今回のは、このオモチャです。
(こんぱまるさんより)
a0086994_2321358.jpg


http://compamal.sakura.ne.jp/shop/catalog/product_info.php?cPath=26_159&products_id=4580
[PR]
by a-becco | 2009-03-31 23:21 | 緑色 | Comments(2)

Newおもちゃ

お店から貰った書類によると、4月10日頃がキョルさんの誕生日らしいので、少し早いですが誕生日プレゼントを買いました。
新しいおもちゃ2つ。と、いつも食べているペレットとおやつのナッツ。

1つは怖がるかと思いましたが、一瞬で気に入ったようですぐに遊び始めました。
そして与えて1日目で壊しました^^;;;
次回は壊しっぷりをレポートします。
もう1つはやや怖がっています。これは徐々に私が遊ぶのを見せながら、慣らしていけるかなと思っています。
a0086994_1547442.jpg

a0086994_15493777.jpg

a0086994_1549483.jpg

写真追加。
届いた箱の中を見るキョルさん?
そして、気に入ったおもちゃです。
革ひもにビーズが通してあって、小さなベル6つと、一番下に大きなベルが付いています。
これは、この後ケージの中に吊してあげました。
[PR]
by a-becco | 2009-03-28 22:53 | 緑色 | Comments(4)

ピーナッツ>私

今日はキョルさんがケージから出ている時に、家族が落花生(マメ)を食べ始めました。
すると即座にそっちへ行って、おねだりを始めました。
ちょっとずつもらって、夢中で食べるキョルさん。私が呼んでも見向きもしません。
あまりにも無視するので離れたところに隠れて見ていました。
ひとしきりマメを食べ終わって、私がいないことにようやく気付いて大声で呼び始めました。
まったく。。。
隠れるのをやめ少し離れた椅子に座ると、徒歩でこっちまで寄って来ました。(飛べるくせに飛びません…)
そのヨチヨチ頑張って歩いて来る姿が可愛かったので、自分よりマメに夢中だったキョルさんを即 許してしまった私でした^^;
いつもケージの外では私にベッタリのキョルさんも、美味しいものがあったらやっぱりそっちに行っちゃうのね〜。切ない。でも正直だ。
[PR]
by a-becco | 2009-03-20 23:53 | 緑色 | Comments(2)

翼の下を触られるのがスキ

a0086994_4474588.jpg

脇の下というか、翼の下の羽根が薄いところを撫で撫でされるのが大好きです。
私の膝の上に乗って撫でてもらっているうちに、自分でも頭をマッサージし始めて…何とも気持ちが良いようです。写真だと顔は見えませんが、うっとりしていました。


----
2つ前の投稿で書いたイベントに行って来ました。
終了後、出版社のスタッフさんたちと食事。
ここのブログにコメントいただいてたご意見も、お伝えしました。
医学的なことについて執筆されている方とも同席したので、お答えをいただきました。
鳥に与えるものですが、基本的に糖分は与えない方が良いそうです。
糖分の中には真菌の餌になってしまうものがあって、良くないそうです。
おやつとしてあげるなら、野菜が良いとのこと。野菜の甘味くらいがちょうど良いのだそうです。
ここら辺はすでに発行されているCBにも記事があります。
あとは、無糖のヨーグルトは可。
人間が食べる果物は、やはり自然界のものとは大きく違って糖度が非常に高いので、実は鳥にはあまり向いてないそうです。
でもキョルさんもそうですが、甘いもの大好きなんですよね……ちょっと甘くないミカンなんてポイしているほどです。舌が肥えてしまったんだな。。。
でもこういう話を聞くと、控えなくては行けないんだと改めて思いました。
あまおうを齧らせている場合ではありませんね…;
与えるのをごく稀にするとか、量をすごく僅かにするとか、(あげないほうが良いみたいですが。)工夫が必要ですね。

それと化粧についてですが、それは顔をすごく舐めるとかいうのでなければ、そこまで過剰に気を付けなくても大丈夫。むしろヘアスプレーなどの整髪料のほうが怖いとおっしゃっていました。

飲みの席でのことなので、あんまりこれ以上突っ込んだ話はしませんでしたが、ザッとこんな感じです。
[PR]
by a-becco | 2009-03-10 00:00 | 緑色 | Comments(10)

いった〜

「鳥が指に刺さって抜けなくなった」経験を初めてしました。
正確に言うと、キョルさんが右手中指に思いっきり食い付いて、あまりに痛くてつい手を大きく振ってしまったのですが、嘴が指の腹に刺さりっぱなしで振り落ちなかった!ということです。
指には深い穴が空いて、流血しました^^;
爪の方は下嘴で挟まれた格好だったので、若干ヒビが入りました^^;;
もう3年目ですが、ここまで派手に食い付かれて取れなかったのは初めてです。いったーーーい!!!

原因は、たまにブログに書いてる「キョルさんが見ると興奮して突進して来る何か」。
いくつか分かっているのはノドアメの入れ物、ガムのボトル状の入れ物、メダカのエサ(これも筒状の入れ物)、キョルさんの赤い羽根を入れてる小さなプラスチックのケース……などなど。
これらを手にすると、急に興奮状態に豹変してマッハの速度でガッッ!!と向かって来るので気を付けていたんですが、今回はキョルさんを腕に乗せたまま新しいペレットの袋を開けようとハサミを持ったら、次の瞬間には指に穴が空いていました…!自分もパニクって振り払おうとしてしまったのですが、何のその。深く刺さり過ぎてて抜けない(笑)。
結局冷静に戻って、取れましたけど。

まぁ、原因が分かっているので良いのですが、これが何のきっかけもナシにいきなりこれだけの力で噛んで来たら大問題でした。普段、結構ギウギウ噛まれて、それも痛いのですが…比にならないパワー。。。
でも私がつい不注意で気を緩めていたせいです。
キョルさんが一緒の時は、うっかり何か手にしないようにしなくては。


しかしまぁ、どうしてこんなに豹変するのか謎ですねー。
私はこれを誰かに探究して欲しいなぁ。できたら8日に相談しようかなぁ。
「飼い犬に手を噛まれる」もとい「飼いインコに手を刺される」って恥ずかしい限りです。
[PR]
by a-becco | 2009-03-06 21:57 | 緑色 | Comments(4)

今度の日曜

突然ですが今度の日曜日(8日)、TSUBASAが主催するイベントに行くことにしました。
詳細はTSUBASAのサイト(下記)にあります。
http://www.tsubasa.ne.jp/info/lpj.html
当日はコンパニオンバード誌(誠文堂新光社)のスタッフの方々と一緒に参加させていただく予定です。
鳥を始めいろいろな動物について話したり聞いたりできる機会になりそうです。
例えば書籍で、こんなことを特集して欲しいとか、こんなことを知りたい、とかありましたらコメント入れてくだされば、私からお話ししてみたいと思います。(イベントが終わってからの雑談になると思いますが。)
本の編集側としては、読者(エンドユーザー)であり、一般の飼い主の声が一番聞きたいところらしいので。
私も一愛鳥家としてもイラストレーターとしても、こういうイベントなどをきっかけに、何かこれからいろいろ広がっていける出会いがあると嬉しいなと思っています。
[PR]
by a-becco | 2009-03-06 00:17 | その他 | Comments(2)