カテゴリ:インコ&フィンチ( 30 )

merry Christmas!

25日も終わろうかという時に…

写真は、昨日撮ってみました。クリスマスらしいことは皆無と言っていいほど何もしませんでしたが、今年は個展の時にいただいたポインセチアの大きな鉢が2つもあったお陰で、雰囲気だけはそれらしくなりました。
それにしても、キョルさんは全くじっとしていてくれず撮影はとても大変でした。ほとんどブレまくってボツ。かろうじて何とか撮れたのがこれです。でも自分では「かわいい〜〜かわいい〜〜」と言いながら撮影されてました。
a0086994_0261766.jpg

a0086994_0132247.jpg

a0086994_0135654.jpg

a0086994_014599.jpg


キョルさんを撮り終えてからニコに出て来てもらいました。
ニコも嫌がりそうと思っていましたが、今回は驚くほど大人しく…ものすごく撮りやすかったです…!ポーズも決めてくれて…。
キョルさんも、決めポーズがあるような…ないような…で、どうやら一番上に載せたような、頭をクリッと下げたポーズがそうらしいです。「もっと顔を上げて!!」「こっち見て!」「止まって!!!」と言い続けましたがこっちの注文はお構いなしでしたけど^^;
a0086994_0142934.jpg

a0086994_0142122.jpg

a0086994_0144116.jpg

[PR]
by a-becco | 2012-12-25 00:00 | インコ&フィンチ | Comments(6)

換羽が来たり

a0086994_17234183.jpg

十姉妹のニコ。最近、換羽が激しいです。何故か11羽いる十姉妹の中で、ニコだけ真っ最中…。
もう見慣れたはずなのに、羽根が抜け落ちた姿は結構なみすぼらしさで、ついいつも何かの病気ではないかと心配になることがあります。そのくらい抜け落ちます。
今は、この写真よりもっと進んでMAXにみすぼらしくなった後、筆毛ツンツンがピークになっています。
はやくきれいな羽根が揃うと良いなぁ。鳥自身も体力使うので心なしか顔が曇っている気がして気になります。いつも「大丈夫?もう少しだから頑張りな」と声を掛けています。


a0086994_17272488.jpg

変わりまして、キョルさんは相変わらずおかわり三昧の元気印です。
こうして開いた扉の端まで来て、空中に伸ばした足をヒヨヒヨ動かして来ます。
私の腕が迎えに来てくれるのを待っているアピールなんですが、面白いのでしばらく放っておいてそのまま宙ぶらりんにさせていると、ちょっと怒ります(笑)
キョルさんはからかうと面白いので、つい軽く意地悪したくなってしまいます。
もちろん愛情表現ですよ^^
a0086994_17304099.jpg

[PR]
by a-becco | 2012-12-03 00:00 | インコ&フィンチ | Comments(4)

食欲の秋らしいです

a0086994_23394313.jpg

a0086994_23395288.jpg

キョルさんは最近(?)餌箱が空っぽになっていることが結構増えたような。
いつも通りの分量を…と言っても目分量で適当ですが、毎日用意しているはずだけど、夜見ると完食してあっておかわりで追加してあげると、すぐにモグモグしてます。
そんなに足らなかったのかい?とちょっと焦ります…。
そして今度は多めに入れておいてみると、残されてたりしますから、良く分かりません。。^^;
キョルさんは基本的に食べるの大好きで美味しいものを毎日求めて生きてる感じなので、秋に限らず「食欲」って言葉は似合うのだけど、最近はますます大食いになっている気がするこの頃です。

a0086994_2346727.jpg

a0086994_23455280.jpg

ニコは食欲どうかな。いつも通り食べている気がします。食べてくれてるとそれだけで安心してしまうのは、何でしょうね、親バカでしょうね。

あれから、気を付けていてもちょっと可愛がり過ぎるとまた産卵してしまって…ニコに関しては相変わらずそこが悩みの種です。他の十姉妹はペアリングして壷巣もあるのに全く産まないメスもいるんだけどなー。ニコは適齢期なんだろうなと思います。ニコの子供も見てみたいのだけど、これからの時期は寒いので来年かなぁ………どうしようかなぁ…と思案中です。
写真は窓際で庭をバックに撮ってみたら、一瞬外にいるような感じになったかな?というものです。
[PR]
by a-becco | 2012-10-20 00:00 | インコ&フィンチ | Comments(2)

元気です

2012年になってもう2週間以上過ぎたなんて!早いっ…!!

年末年始の独特の雰囲気から覚めて、すっかり日常生活です。
と言っても年末年始も普通〜に地味〜に暮らしていましたが…^^;
でも、年が改まる頃って上手く書けないけど感覚的に特別な気がします。

鳥たちは、そんな感覚はありませんね。毎日を元気に過ごしてくれています。
でも最近、荒の十姉妹たちはちょっと部屋割り(?)を変更してみました。
その辺りのことはまた改めて書きます。

それからキョルさんの体重測定を久しぶりにやりました。
FDカレンダーの送料計算のために新しく買ったキッチンスケールを使って。
カレンダーを送る作業をしてた頃に早速計ろうとしたら、十姉妹のニコには嫌われつつどうにか計ったのに、キョルさんは嫌がって逃げまくって結局その時ははかれなかったので、今回は餌箱にとめたまま計ることにしたら、何とか上手く行きました。
それでも嫌がっていましたが………。

結果は158〜159gでした。
ちょっと動くとこの辺りの数字がチラチラ変わるのですが。
一瞬160gまで表示されては159…158……となりましたが、病院の先生には160gまで行くとちょっと重いかなといわれてた記憶があるので、バッチリ160gとならずに安心しました。
以前160gだった時にブログに書いたことがあったけど、やっぱり増えたからって喜んでいてもマズいのかなと…。キョルさんは食いしん坊で舌が肥えているので気をつけなければいけません。
このまま158gくらいをキープして行ければ良いなと思います。
[PR]
by a-becco | 2012-01-16 00:00 | インコ&フィンチ | Comments(8)

2011年を振り返る

a0086994_23103359.jpg

どういうわけか写真が読み込めないので、前に作った画像でお茶を濁します…
(ちなみに今はこれをツイッターのアイコンにしています。)


今年もあと1日となりました。
2011年はどんなことがあったかなと思い返してみると、まず2010年の大晦日にニコ@十姉妹を生後2週間の状態で巣あげして、挿し餌で育てることに。
それからほぼ1ヶ月後には肺を煩わせてしまいました。通院、入院、そして酸素濃縮器もレンタルして自宅で看病しました。その期間には、東日本大震災があったりと、本当に気が休まりませんでした。
一時はもう諦めなくてはいけないのか…と最悪の展開も覚悟していたけれど、その後ニコは無事に元気になりました。

3月頃から元・迷いインコだったセキセイのコマちゃんが病気になってしまい、こちらも通院と闘病が始まりました。治療・診察を繰り返しましたが、最終的にはお星様になってしまいました。
そして春には新しく並十姉妹3羽、ヨーロッパ十姉妹2羽がうちで生まれましたが、親鳥が育て上げたので荒鳥として成長しました。

その頃キョルさんは、病気の鳥たちの"ついでに"病院に連れて行かれて、爪を切られたり、体重測定をしたり、健康チェックをしたりしてましたが、全く問題なく相変わらず元気に過ごしていました。

しかし!何と言ってもニコの病気・復活、コマちゃんの死 と並ぶ今年の大きな出来事。
それは忘れもしない10月の「キョルさん大空に舞う!!」です。
自分の甘い考えが招いた大事件でした。キョルさんは普段は飛ぶのが嫌いなくせに、いざとなると物凄い早さで家の中から外へ飛び出すことを思い知りました。(自分が想像してたのよりも現実は遥かにあっという間でした。)
屋根の上から線路の方へ飛び立った時は、正直もう終わった…という思いが頭をよぎりました。
キョルさんが帰って来てくれたことは、もう、何と言うか本当に奇跡です。呼び声に反応してくれたんだと思います。これも「もう無理だ」という私の予想を裏切る結果になりましたが、裏切ってくれて本当に良かった。
こうして改めて思い返すと、キョルさんは私の想定の範囲に納まる鳥じゃないんですね……^^;
自分の考えなんて浅はかなものですね。最初は「油断」、次は「諦め」。キョルさんは、それを超えた行動をしました。


番外編は、鳥のイラストグッズ(FDカレンダー)を作ったこと。
そして、完売できたこと。これも予想外でした。
欲しいとコメント下さったり、実際に手に取ってからのご感想を送って頂いたりと、一人一人ひとつひとつのリアクションと交流が、単にものが売れたという以上に感激でした。


かなりザックリ振り返りましたが、来年は、病気や逃亡など、ハラハラしたりヒヤリとしたりすることはなるべくない年になったら良いなと思います。なるべくと言うか皆無にしたいです。。

更新もまちまち、コメントへのレスも対応時間にムラがあり、勝手気侭なブログですが、今年もお付き合い下さったみなさん、どうもありがとうございました。来年もよろしくお願い致します。
[PR]
by a-becco | 2011-12-30 00:00 | インコ&フィンチ | Comments(6)

細か過ぎる物マネ&ニコ・クロの誕生日

a0086994_15125256.jpg

キョルさんは日常で聞くいろんな音を覚えて物マネします。
その1・これはずい分前からやっている、お茶をいれる時の茶筒を開ける音:パカッ
その2・割と最近マスターした、カーペットをきれいにするコロコロのカバーを取ったり付けたりする音:カパ…ッ

この二つは、物の蓋の開け閉めという点では同じ分野なんですが、茶筒は金属、コロコロの蓋はプラスチックでできていて、やっぱり音も全然違うものです。キョルさんは器用に表現を変えます。特に最近できるようになったコロコロの蓋の音の方は、なかなか絶妙な再現力で、面白いです。
言葉ではなくても、こういう日常の音は、特に覚えて欲しくてやっていることではないのですが、キョルさんが気に入ると勝手にやり出してしまうんですね。言葉も勝手に新しいものを練習しているようですが、今のところ新作と呼べる完成度のものはありませんです。


a0086994_1518328.jpg

こちらは十姉妹達。天井にとまっているのはニコです。
下のケージの中は、右からニコの異父兄弟・マユゲ1号、ニコのママ・ピンちゃん、ニコのパパ・クロちゃん、クロちゃんの最新の彼女・つぶこ、ニコの異父兄弟・マユゲ2号、ニコの異父姉妹マユゲ兄弟の姉・サーちゃん。と、写っていませんがピンちゃんの2羽目の夫でマユゲパパがいます。計7羽が大きなケージに暮らしています。

ニコは去年の12月16日に卵から孵りましたので、先週金曜で1歳になりました。何だか大変な日々が続いたけど、それからはずっと元気に過ごしてくれて、無事この1周年を迎えられて感慨深いです…。
そしてニコの父親であるクロちゃんは、記録が確かなら何と今月で満7歳。7年前にうちで生まれたのです。それから翌年には祖母の家にオス3羽で貰われて行って飼われていましたが、祖母が高齢で世話が大変になったためうちに戻って来ました。残りの2羽はそれまでに亡くなっていました。
さすがに7〜8歳となると、十姉妹では高齢になりますから、止まり木にジッとして眠っていることも目にしますが、餌を取り替えると一番乗りで食べに来るしさえずって歌うこともありますし、歳を感じさせない面もいっぱい見られます。

ただ十姉妹は温和でみんな仲良し…というのが一般に知られるところなんですが、やっぱり心のある生き物なので、どうやらそうも単純なものではないようだ、ということが最近分かって来ました。
でも、長くなりそうなので、今回はこの辺でストップにします^^;つづきはまた今度…。

とにかく、クロちゃんにはまだまだ元気な姿を見せてもらいたいものです。
[PR]
by a-becco | 2011-12-19 00:00 | インコ&フィンチ | Comments(6)

水浴び!

a0086994_15481444.jpg

バババババババ…ッ!!!


a0086994_1549161.jpg

ふぅ…、と一息。
『ニコ、こっち向いて!』


a0086994_15493021.jpg

「なぁに?」

ニコの水浴びでこっちまでびしょぬれです。


そして

a0086994_1550337.jpg

こちらも水浴び中……あれ、そっちには餌が入っているよね?


a0086994_15511366.jpg

水浴び中にお腹が空いたのか、ご飯をくわえるキョルさん(笑)

a0086994_15551912.jpg

ケージを登って来てこっちを見てる…
「何か用??おいしいもの持ってるの?」
[PR]
by a-becco | 2011-07-19 00:00 | インコ&フィンチ | Comments(6)

カメラを替えてみると

いつもは古いデジカメで撮ってて、腕も良くなければ撮るときの環境も良くない状態で、補正もあんまりしないし(これは私のせい)、まぁ不本意なことばかりです。
今回は新しいデジカメで撮ってみたものを載せましょう。

a0086994_14471748.jpg

a0086994_14471190.jpg

ピントが甘いですね。家が暗いんでしょうかね。

「OLYMPUS マイクロ一眼 PEN」です。アートフィルタのジオラマモードが面白くて街並ばっかり撮ったりしてましたけど。鳥達もいつもより美化されて撮れている気がしますよ。
アートフィルタなんてPhotoshopで同じような加工をいくらでも出来るわけですが……でも楽しいね。新しいもの好きだから(笑)

a0086994_14472640.jpg

a0086994_14472153.jpg

a0086994_1504171.jpg



今後は時々このカメラで撮ると思いますが、小さくて使いやすいいつものカメラの方が出番が多いと思います…。なるべく奇麗に撮れる方が良いのですけど。鳥達、どうしてもカメラ苦手なので。
その上「カシャ」って音がしてしまうから、ニコなんてその度にシュッと細くなって警戒してるし^^;ちょっと可哀想でした。

でもやっぱり写りが全然違うなぁと感動しました。

それからニコはついに先日から普通の鳥かごに移る事が出来ました。
今まで保温・酸素部屋という名の水槽で暮らしていましたが、ケージで暮らしてます。これからも保温に気をつけつつニコにはノビノビして欲しいです。そして新しく気に入った食べ物があります。次回はそのお話を書きます。
[PR]
by a-becco | 2011-04-20 00:00 | インコ&フィンチ | Comments(6)

a0086994_0335478.jpg

すっかり春になりました。遅いと思っていた桜の開花も進んでますね。
今日はまた、ニコとコマを連れ、鳥の病院へ通院でした。

ニコもコマも本日で薬も切れ、治療を完了することが出来ました。

コマちゃん@セキセイは体重は1g減って37gとなっていたものの、初めての通院以来、いただいた薬が効いたようで、吐出することは一度もなくなり、回復しました。
もしも、これが胃炎ではなくガンなどだったとしたら、今回処方されていた胃炎の薬は効かず、症状が悪化していたはずだとのことでしたので、まずは胃炎を疑っての治療をしてみてそれが当たったことで元気になりました。

そしてニコ@十姉妹です。体重は1g増えて14gになっていました。
先日から普通の空気の中でも、開口呼吸もすっかりなくなり、チアノーゼも出ることなくとても良い感じになって来ていました。
1週間くらい前から、声も出るようになりました。クロちゃん(ニコ父)が歌を歌うとすごく反応して、チッチッと応答するようにさえずります。他のオスが歌っている時はそうでもないのですが…。ニコは性別は今は良く分かりませんが、メスだとしたら発情しないように気をつけようと思います。

先生に元気な姿を見ていただいたら、「あんなにすぐ(チアノーゼで)紫色になっちゃってたのに」「ここのところで急激に回復しましたね」とやっぱり少し驚かれたようです。
私も(入院させた時に完治せず、ニコを連れて帰った時はそのまま)「うちで看取る覚悟でした」と言いました。諦めないぞと思ってやれる限りのことはして来ましたが、その反面では期待し過ぎてはいけない状態になっているとも感じていたからです。

でもニコは本当によく元気になってくれました。
レンタルしてた酸素濃縮器も先日返却することが出来ました。
これを返す時は、ニコが元気になるか星になるかのどちらかだ…と思っていたので、最良の展開で返却できたことがとても嬉しいです。

先生が「(ニコは)頑張りましたね!」と言ってくれて飼い主である私にも「あべさんも頑張った」と改めて声を掛けてくれたことが印象的でした。
これでしばらくは、何もなければ通院はしなくて良いことになりました。院長先生を始め今回も病院には本当にお世話になりました。感慨深いです…。

2ヶ月強、ニコのこと、コマのこと、それに震災…といろいろありました。とても長く感じましたし、逆にあっという間に4月になっていたという気もします。

a0086994_0311622.jpg

a0086994_0314880.jpg


これからは、またユルユルとしたブログに戻れそうです…
[PR]
by a-becco | 2011-04-10 00:00 | インコ&フィンチ | Comments(9)

いろいろいろいろ。

a0086994_1228147.jpg

ちょっとお久しぶりな感じのキョルさんです。ケージの中でペレットモグモグしてます。
最近は新しく私のする「あくび」を覚えてしまいました…。
朝起こした時などに「ふぁ〜…ぁ」とやるようになってしまって。
それと言うのも就寝用のケージとリビングのケージが別の部屋にあるので、就寝ケージからなかなか出て来てくれないと、扉を開けて待っている時に私がついあくびをしてしまってたからなんですね。
手を入れても噛まれるだけで素直に乗って来ないし、とにかく早くおいでと言って待つしかないのです。
すぐに出て来ることもあるのですが、そこは生き物なので気分が違うのか、毎日同じというわけにはいかないようです。
でもキョルさんのあくびの真似は脱力系のなかなか可愛い声なので、これはこれで面白いです。
それにしてもこの表情は私が察するにご機嫌なお顔の部類だと思うのですが、ただ普通にいつものペレットを食べてるだけなのにずいぶん目が笑ってますね。
私が部屋に入って行くと急にご飯を食べ始めたりするので、人がいる時の方が安心して食べるようなのですが、「ちゃんと食べてるでしょ!」って感じの「どや顔」のようにも見えなくもない^^;


a0086994_1233738.jpg

セキセイインコのコマちゃんですが、回復したと思ってたのも束の間、2週間ほど経ったらまた吐出してしまって粘液と餌でベタベタになってしまいました。
今度こそはいつもの掛かり付けの先生に診て頂かねば!と翌日すぐに連れて行きました。
でも以前近所でやってもらった結果と同じく、フンとそ嚢は問題なしでした。
しかしそこからが違うのがさすが専門医…というところなんですが、レントゲンを撮ってみると胃がちょっと大きくなってしまっていることと砂肝にグリッドが全く映っていないという異常が判明。
まずは胃炎を疑ってみて、薬をいただきました。
先生の説明によると、セキセイの場合だけ胃炎か胃ガンで同じような症状が出てしまうことがあるのだそうです。
胃ガンの場合はポリープができるのではなく、潰瘍性のガンで、最終的に胃がどんどん荒れて血便が出たりと症状が進んでしまうそうなのです。
ただ胃カメラなど飲むことが出来ないので、生前にはハッキリとどちらなのか分からないというのが今の現状なのだそうです。だからやはり、まず胃炎の薬が効くかどうかを試すことになりました。

今回やっぱり感じたのは、専門病院は改めて説明が詳しく丁寧なことと、ちゃんと踏み込んだ検査までしてもらえることです。
久しく他の病院には通っておらず、小鳥の病院でやってくれることが当たり前という感覚になっていたのですが、いざ他に頼ってみるとやはり犬猫と鳥も診られますという病院では対応にも限界があるのだなぁと改めて感じました…。専門の病院と比べるのは無理があるとも思いますけど。一時期回復してくれたので、良かったと思ったのですが、糞便とそ嚢が問題ないのなら、原因は何なんだろう?という疑問は残っていました。(尋ねれば良かったのですが…。それ以上は調べられなそうでした。)ただいざという時は酸素ボンベを小鳥にも使ってくれることなど、副産物的に良い面も得られたので、その点では良かったかなとは思います。
そういうわけでコマちゃんの闘病はまだ続きそうです。ただの胃炎であって欲しいです。


さてもうひとつ。十姉妹のニコですが…
a0086994_12432934.jpg

a0086994_12433618.jpg

上の写真は2月16日撮影、下は3月28日撮影です。
開口呼吸が大きかったのが上の写真。ほとんどパクパクしなくなったのが下の写真です。
ニコは先日25日頃から酸素濃縮器からの供給を止めても、チアノーゼが出なくなって元気に動いて食べるようになっていました。
急に全部止めるのは怖かったので、私が見ていられる時は止めたり、タイマーを掛けてみたりと様子見しながらやってみましたが、弱ることもなく調子は良さそうです。
それで、コマちゃんと一緒に病院へ行って先生にそう伝えると、チアノーゼが出て来なければ開口呼吸していても酸素は足りているということなので、酸素濃度は上げなくても大丈夫ですと言われました。
現在は、まったく機械を使わず普通の空気の中で暮らしています。
保温にはしばらく気をつけることと、薬の成分を減らしてみて、その後薬が切れるかどうかを見て行くことになりました。
そうすれば水槽からケージに移しても大丈夫だそうです。(でも保温は変わらず要注意)

まだ小さくパクパクしてることが多いですが、病院から帰った夜は起きてる時も完全にクチバシを閉じて呼吸する姿が長時間見られて、本当に感激しました。
ニコは回復の傾向にあります!

2月の頭からここまで、本当に悲しい思いや決断をしなきゃ行けないこともあって葛藤して、絶望もして泣いて、でもきっと治るって思いもずっと持っていて……
気持ちの整理がなかなか難しかったのは正直な所です。冷静になっていられなかったこともずーっとありました。お見苦しいことをここにも吐き出しました。

でもニコは今、確実に良くなって来ています。
このまま無理せず良い方向へ進展することを願っています。
[PR]
by a-becco | 2011-03-29 00:00 | インコ&フィンチ | Comments(2)