暑中お見舞い申し上げます

a0086994_17270659.jpg
毎日暑いです。鳥飼いのみなさんと鳥たちが元気で過ごせますように。



今日は命日。
9年前の7月27日夕方、私の最愛の初代コンパニオンバードだった黄色オカメインコ、バハティが亡くなったのです。
ヒグラシの声と蒸し暑さ、直後にあった地元の花火大会…毎年あの時のことをいつもより強く思い出します。


他にも見送った命はあったけど、この仔の最期ことを思うと今でも胸が締め付けられる。まだ3歳だったこと。病弱で通院中ではあったけど、突然発作を起こして私の手の中で事切れたこと。



私にコンパニオンバードの素晴らしさ、愛おしさを教えてくれた、掛け替えのない大切な存在です。
今までもこれからも、ずっと感謝して過ごして行きます。


[PR]
by a-becco | 2015-07-27 17:35 | 黄色 | Comments(2)
Commented by みほ at 2015-07-27 22:55 x
命日だったのですね。
私も、数多くの命が消えていくのを見ましたが、いまでも
胸が締め付けられるような思いを感じるのは、同じです。
いま3羽を病院に連れていってるし、またあるのかもと
不安に感じます。
向こうの世界でみんなで飛び回っていてほしいと思います。
Commented by a-becco at 2015-07-27 23:25
みほさん
生きているものはみんないつかは絶対に終わる時が来るのですが、それがどんな風に訪れるのかでも、だいぶ心象が違うような気がします。後悔とまでは行かないのですが、突然だったこともあり、そういう別れはできる限りしたくはないものです。

でも、今いるコンパニオンバードであるキョルさんとニコが元気なのは、バハティが見守っていてくれてるからなんじゃないかなと…長く暮らせなかったけど、でも、ずっと一緒にいるような気がしています。
<< この夏の鳥たち 羽毛モフモフ >>