羽毛のダニ

今月は何度か小鳥の病院に通院していました。
十姉妹たちの風切羽や尾羽に、何か茶色いシミのようなものが見られて気になっていたので、先生に診てもらうと、それは羽毛ダニでした。
尾脂線から出る脂や羽毛を餌にして鳥に寄生しているダニで、だいたいみんな持っているものなんだけど、鳥のコンディションなどにより増えてしまうらしいです。
接触により他の鳥にも移ってしまうとのこと。
羽根に薬を散布してもらい、親ダニは駆除できるのですが、その時点で卵だったものには効かないので、卵が孵る2週後にまた散布する必要があるとのことです。
羽根がダニに食べられて小さな穴が空いてしまっているとのことでしたが、換羽で治るのでそれまでは仕方がないです。
今回の通院は無事完了しました!
[PR]
by a-becco | 2013-09-25 00:00 | 十姉妹 | Comments(2)
Commented by kee at 2013-09-25 21:26 x
今晩は!
ダニって羽も囓るんですね(-_-)
通院終わって良かったですね❤
Commented by a-becco at 2013-09-27 01:22
keeさん
こんばんは。
そうみたいです。ダニが落ちたところが穴になっていると
先生がおっしゃっていました。
ダニも嫌ですが病気ではなかったので、ほっとしました。
<< 暑いです! ベルのチェーンにぶらさがる >>