クロちゃん通院中

a0086994_2345962.jpg

先週のことですが、気がつくと十姉妹のクロが脚を痛めて思うように動けない、止まり木に止まれない状態になってしまっていました。
小鳥の病院へ行って診て頂いたところ、外傷性のもので脚が鬱血して指先まで血が通っていない…とのことでした。恐らく何かに挟んだか引っ掛けたか…私が思い当たるのは壷巣を固定していたワイヤーです…。今までずっとそうしてましたが、ずっと取り付けの状態が良くなかったのかも知れません。
確かにクロの脚はところどころ黒ずんでいました。そして爪には血の気がなく、黒く変色していました。特に左足の外側の指がひどくて、壊死するかミイラ化するかもしれないと言われました。
その日は痛み止めと抗生剤をもらって投薬し、1週間が過ぎ、また通院して来ました。

その間にクロはだいぶ元気を取り戻し、ピョコピョコ移動もするようになったし姿勢もダラッと辛そうにだれていることが少なくなったし、もともと食欲もあったのを維持しているし、こちらとしても心強いほどに回復したようでした。
先生も回復力があるねと言ってくれて、最初はどこまで脚が壊死してしまうのかとても心配でしたが、だいぶ良い方へ向かっています。

ケガの3日後には、さえずって歌を歌い出していました。(座ったまま。)
クロの歌声は大好きだったのですが、脚が痛い状態ではもう二度と歌ってくれないだろうとも覚悟していたので、クロのバイタリティには本当に驚かされました。そして嬉しかったです。

クロは、手乗りのニコの父親です。
今年で8歳になります。十姉妹の寿命はだいたい8年かそこらだと聞きました。10年生きるのは珍しいそうです。うちで生まれて、先代のオカメさんも知っている長老です。キョルさんよりも、誰よりもずっと先輩です。でも、そんなこと感じさせないほど元気で見た目も老鳥には見えないほど若いです。
ニコ以外の荒の十姉妹の中で、(みんなもちろん可愛いのですが)とりわけ一番可愛いのは、正直言うとクロなのです。親兄弟はみんな天国へ行ってしまいましたが、まだまだ元気!と思ってた矢先の今回のケガでしたが、クロは乗り越えてくれそうです。

こうして改めて書いているとクロへの思いがいろいろ出て来ます…。長く生きている分、思い入れも思い出も深く多いのです。
[PR]
by a-becco | 2012-09-11 00:00 | 十姉妹 | Comments(2)
Commented by kee at 2012-09-13 15:15 x
クロちゃん良くなってきて良かったですね。
食欲が有るのが一番ですね。
ニコちゃんのお父さんだけあって頑張り屋さんなんですね。
未だ未だ元気に長生きしますように❤
Commented by a-becco at 2012-09-13 17:39
keeさん
ありがとうございます。親子揃って病気したり怪我したりで…
でも本当に、ニコの強さはクロからもらったのかなぁ…なんて思いました。長生きして欲しいです。
<< お花と一緒に(かぶり気味) 本、読んでます >>