2011年を振り返る

a0086994_23103359.jpg

どういうわけか写真が読み込めないので、前に作った画像でお茶を濁します…
(ちなみに今はこれをツイッターのアイコンにしています。)


今年もあと1日となりました。
2011年はどんなことがあったかなと思い返してみると、まず2010年の大晦日にニコ@十姉妹を生後2週間の状態で巣あげして、挿し餌で育てることに。
それからほぼ1ヶ月後には肺を煩わせてしまいました。通院、入院、そして酸素濃縮器もレンタルして自宅で看病しました。その期間には、東日本大震災があったりと、本当に気が休まりませんでした。
一時はもう諦めなくてはいけないのか…と最悪の展開も覚悟していたけれど、その後ニコは無事に元気になりました。

3月頃から元・迷いインコだったセキセイのコマちゃんが病気になってしまい、こちらも通院と闘病が始まりました。治療・診察を繰り返しましたが、最終的にはお星様になってしまいました。
そして春には新しく並十姉妹3羽、ヨーロッパ十姉妹2羽がうちで生まれましたが、親鳥が育て上げたので荒鳥として成長しました。

その頃キョルさんは、病気の鳥たちの"ついでに"病院に連れて行かれて、爪を切られたり、体重測定をしたり、健康チェックをしたりしてましたが、全く問題なく相変わらず元気に過ごしていました。

しかし!何と言ってもニコの病気・復活、コマちゃんの死 と並ぶ今年の大きな出来事。
それは忘れもしない10月の「キョルさん大空に舞う!!」です。
自分の甘い考えが招いた大事件でした。キョルさんは普段は飛ぶのが嫌いなくせに、いざとなると物凄い早さで家の中から外へ飛び出すことを思い知りました。(自分が想像してたのよりも現実は遥かにあっという間でした。)
屋根の上から線路の方へ飛び立った時は、正直もう終わった…という思いが頭をよぎりました。
キョルさんが帰って来てくれたことは、もう、何と言うか本当に奇跡です。呼び声に反応してくれたんだと思います。これも「もう無理だ」という私の予想を裏切る結果になりましたが、裏切ってくれて本当に良かった。
こうして改めて思い返すと、キョルさんは私の想定の範囲に納まる鳥じゃないんですね……^^;
自分の考えなんて浅はかなものですね。最初は「油断」、次は「諦め」。キョルさんは、それを超えた行動をしました。


番外編は、鳥のイラストグッズ(FDカレンダー)を作ったこと。
そして、完売できたこと。これも予想外でした。
欲しいとコメント下さったり、実際に手に取ってからのご感想を送って頂いたりと、一人一人ひとつひとつのリアクションと交流が、単にものが売れたという以上に感激でした。


かなりザックリ振り返りましたが、来年は、病気や逃亡など、ハラハラしたりヒヤリとしたりすることはなるべくない年になったら良いなと思います。なるべくと言うか皆無にしたいです。。

更新もまちまち、コメントへのレスも対応時間にムラがあり、勝手気侭なブログですが、今年もお付き合い下さったみなさん、どうもありがとうございました。来年もよろしくお願い致します。
[PR]
by a-becco | 2011-12-30 00:00 | インコ&フィンチ
<< 元気です カレンダー完売 >>