ちょっと前の様子

a0086994_2355147.jpg

a0086994_2355136.jpg

更新が追いつかないというか…最新情報じゃないのですが。。

並十姉妹とヨーロッパジュウシマツの雛の写真です。
これ、10日くらい前のもので、今では並の方もすっかり巣の外に出るようになりました。
ヨーロッパの方は孵化が数日早かったので、この時点で既に巣の外にいますね。

親が育てているのを見ていると、雛のそ嚢が全然目立たないのですよね。
私が差し餌してた時は、もっと大きくなってからもそ嚢がプックリと羽毛から出る程大きくて、これ大丈夫なのかなと思ってはいたのです。
やっぱり、見ていると親鳥は雛がまだ餌をねだっても、あんまりあげなくなっています。
私は乞われるままにホイホイ与えてしまい、結果プクプクのそ嚢になってしまっていたのです。
この辺の塩梅は、やはり全然分かっていませんでした。
別にその後、手乗り(ニコ)が肥満児になったというわけではないのですが…。

雛たちは、巣外育雛になってだいぶ自分でもシードを食べているし、青菜にもしがみついて食べているのですが、急に赤ちゃんに戻ってピャーピャーと親に餌をねだります。
でも、もうすぐ完全に親離れになります。
今回は全部親鳥に任せていたので、荒なんですが、何故か上の写真の頭の白いコだけは指先で顎を撫でさせてくれます(笑)気持ちが良いらしく、ポワワッと羽毛が逆立ちます。でも他のコ達や親に指を攻撃されます><
[PR]
by a-becco | 2011-05-18 00:00 | 十姉妹 | Comments(2)
Commented by kee at 2011-05-18 20:18 x
可愛い!順調に育っているようで何よりです。

やはり親鳥は人間と違って甘やかしは無しなんですね。

なぜたら柔らかそうですね~!
Commented by a-becco at 2011-05-18 22:00
>keeさん
か〜わいいですよぉ^^ みんな元気にしています。
やはり今の気候が巣引きにピッタリなので、心配要りませんね。
親鳥がどう育てているのか、見て勉強させてもらいました。
十姉妹の羽毛は本当に軽くてとても柔らかいです。
<< バラを背負う 夏を先取り? >>