いろいろいろいろ。

a0086994_1228147.jpg

ちょっとお久しぶりな感じのキョルさんです。ケージの中でペレットモグモグしてます。
最近は新しく私のする「あくび」を覚えてしまいました…。
朝起こした時などに「ふぁ〜…ぁ」とやるようになってしまって。
それと言うのも就寝用のケージとリビングのケージが別の部屋にあるので、就寝ケージからなかなか出て来てくれないと、扉を開けて待っている時に私がついあくびをしてしまってたからなんですね。
手を入れても噛まれるだけで素直に乗って来ないし、とにかく早くおいでと言って待つしかないのです。
すぐに出て来ることもあるのですが、そこは生き物なので気分が違うのか、毎日同じというわけにはいかないようです。
でもキョルさんのあくびの真似は脱力系のなかなか可愛い声なので、これはこれで面白いです。
それにしてもこの表情は私が察するにご機嫌なお顔の部類だと思うのですが、ただ普通にいつものペレットを食べてるだけなのにずいぶん目が笑ってますね。
私が部屋に入って行くと急にご飯を食べ始めたりするので、人がいる時の方が安心して食べるようなのですが、「ちゃんと食べてるでしょ!」って感じの「どや顔」のようにも見えなくもない^^;


a0086994_1233738.jpg

セキセイインコのコマちゃんですが、回復したと思ってたのも束の間、2週間ほど経ったらまた吐出してしまって粘液と餌でベタベタになってしまいました。
今度こそはいつもの掛かり付けの先生に診て頂かねば!と翌日すぐに連れて行きました。
でも以前近所でやってもらった結果と同じく、フンとそ嚢は問題なしでした。
しかしそこからが違うのがさすが専門医…というところなんですが、レントゲンを撮ってみると胃がちょっと大きくなってしまっていることと砂肝にグリッドが全く映っていないという異常が判明。
まずは胃炎を疑ってみて、薬をいただきました。
先生の説明によると、セキセイの場合だけ胃炎か胃ガンで同じような症状が出てしまうことがあるのだそうです。
胃ガンの場合はポリープができるのではなく、潰瘍性のガンで、最終的に胃がどんどん荒れて血便が出たりと症状が進んでしまうそうなのです。
ただ胃カメラなど飲むことが出来ないので、生前にはハッキリとどちらなのか分からないというのが今の現状なのだそうです。だからやはり、まず胃炎の薬が効くかどうかを試すことになりました。

今回やっぱり感じたのは、専門病院は改めて説明が詳しく丁寧なことと、ちゃんと踏み込んだ検査までしてもらえることです。
久しく他の病院には通っておらず、小鳥の病院でやってくれることが当たり前という感覚になっていたのですが、いざ他に頼ってみるとやはり犬猫と鳥も診られますという病院では対応にも限界があるのだなぁと改めて感じました…。専門の病院と比べるのは無理があるとも思いますけど。一時期回復してくれたので、良かったと思ったのですが、糞便とそ嚢が問題ないのなら、原因は何なんだろう?という疑問は残っていました。(尋ねれば良かったのですが…。それ以上は調べられなそうでした。)ただいざという時は酸素ボンベを小鳥にも使ってくれることなど、副産物的に良い面も得られたので、その点では良かったかなとは思います。
そういうわけでコマちゃんの闘病はまだ続きそうです。ただの胃炎であって欲しいです。


さてもうひとつ。十姉妹のニコですが…
a0086994_12432934.jpg

a0086994_12433618.jpg

上の写真は2月16日撮影、下は3月28日撮影です。
開口呼吸が大きかったのが上の写真。ほとんどパクパクしなくなったのが下の写真です。
ニコは先日25日頃から酸素濃縮器からの供給を止めても、チアノーゼが出なくなって元気に動いて食べるようになっていました。
急に全部止めるのは怖かったので、私が見ていられる時は止めたり、タイマーを掛けてみたりと様子見しながらやってみましたが、弱ることもなく調子は良さそうです。
それで、コマちゃんと一緒に病院へ行って先生にそう伝えると、チアノーゼが出て来なければ開口呼吸していても酸素は足りているということなので、酸素濃度は上げなくても大丈夫ですと言われました。
現在は、まったく機械を使わず普通の空気の中で暮らしています。
保温にはしばらく気をつけることと、薬の成分を減らしてみて、その後薬が切れるかどうかを見て行くことになりました。
そうすれば水槽からケージに移しても大丈夫だそうです。(でも保温は変わらず要注意)

まだ小さくパクパクしてることが多いですが、病院から帰った夜は起きてる時も完全にクチバシを閉じて呼吸する姿が長時間見られて、本当に感激しました。
ニコは回復の傾向にあります!

2月の頭からここまで、本当に悲しい思いや決断をしなきゃ行けないこともあって葛藤して、絶望もして泣いて、でもきっと治るって思いもずっと持っていて……
気持ちの整理がなかなか難しかったのは正直な所です。冷静になっていられなかったこともずーっとありました。お見苦しいことをここにも吐き出しました。

でもニコは今、確実に良くなって来ています。
このまま無理せず良い方向へ進展することを願っています。
[PR]
by a-becco | 2011-03-29 00:00 | インコ&フィンチ | Comments(2)
Commented by kee at 2011-04-02 21:39 x
キョルさんとっても幸せそうな顔してますね!元気が一番。
コマちゃん心配ですね。今回の治療で良くなると良いですね。
ニコちゃんは成長しましたね。とっても良いお顔してます。
Commented by a-becco at 2011-04-03 16:54
keeさん
優しいコメント、いつもありがとうございます^^
何羽も飼っているとそれぞれいろいろありますが、
良い時も悪い時もとにかく一緒に過ごして行きたいです。
<< 春 ニコはハコベも大好き >>