やれやれ‥‥

一つ前のエントリー、一番気持ちが高揚して焦りが出ていたなぁと思いますね。
感情的で感傷的で、読み返すと恥ずかしいから後々消すかも知れません。
夜中に書いた文章は、それでなくても良くないことが通例なのに。
気持ちをどこかに吐き出さずにはいられなかったので、お目汚しをしました。
実際、ここ数日食欲が落ちたり夜中に目が覚めて眠れなくなったりしました。
ニコのことが可哀想で、ショックで。


あの後また考えました。焦って退院させたところでやはり24h酸素を供給出来ないと生命を維持出来ないというのは分かってることなので、やはり酸素濃縮器をうちに設置する方向でいろいろ調べました。
目星がついたところがあるので、休み明けに連絡してみることにします。
で、環境を整えてから迎えに行くことにします。

それから、面会に行ったら、ニコは元気そうに動き回っていました。ただ、やっぱり口はパクー、パクー、と開いてしまうのですが。確かにそれ以外では特に問題はなさそうにしていました。先生は肺炎だったとしたらその後遺症が残ったのかもしれないともおっしゃっていました。トリコモナスはもう大丈夫らしいです。それから何かの中毒でもないそうです。でも何だかハッキリはしません……

面会に行くついでに折角病院まで行くのだから、久しくやっていなかったキョルさんの健康診断をしてもらうことにして、一緒に行きました。
キョルさんの体重は、152gになっていました!落ちた!やった!
うちでは最近デジタルキッチンスケールが壊れてしまい、1gまでの詳細な計測が出来ていなかったのです。
丁度良い肉付きと言われました。一時期160gくらいあったと言ったら、それはちょっと多過ぎかもと言われました。私もその頃からおデブが心配だったので、ちょっと意識しておやつなどを控えていたら丁度良い体重になっていて良かった〜と思いました。やっぱり増えれば良いってものではないのですよね。

それにしても院長先生の保定は,流石ものすごく鮮やかでしたねぇ……まず捉えるのが速い…。
爪切りも一人でやっちゃうし。それまでお店の人でも家でも二人掛かりでしたから。
そして糞便・そ嚢検査共に全く問題なしの健康体でした!キョルさんは本当に健康で助かります。
ありがたいことです。
[PR]
by a-becco | 2011-02-13 00:00 | インコ&フィンチ | Comments(2)
Commented by おかめとキンカ at 2011-02-15 10:41 x
こんにちは、
辛いですね。
此処は気持ちを切り替えて、
見切り発車という言い方はよく有りませんが
自宅治療という方向で可能性に賭けてみませんか?
Commented by a-becco at 2011-02-16 15:30
>おかめとキンカさん
ありがとうございます。コメントしづらいところに……
先日から設備を整え、自宅療養しています。
結局、酸素濃縮器をレンタルして来ました。
やはりエアチャージャーは連続稼働に限りがあって、無理なので
予備ということにして、24時間酸素を送れるものを借りました。
詳しくは、また新しくエントリーで書きます。
<< 十姉妹ニコの酸素室 何よりも辛くて悲しいこと >>