闘病生活へ

あぁ、何だか久しぶりなこの気分です。
愛鳥が病気になってしまっていました。30日、小鳥の病院で検査をしてもらって来ました。

a0086994_0441100.jpg


名前は「ニコ」にしました。名前を呼ぶと、手の上にケージの中からピョン!と乗って来るとても愛らしいコに育ってくれて、ようやく心配だった差し餌も切れて一人餌になったというのに。

その朝、様子を見ていると、何だか口を小刻みに小さくパクパクしていて、苦しそうなのです。
ちょっと膨らんで、じっとしていることもあるし…。
まだ子供だからそういうこともあるのかなと思ったりもしたのですが、やっぱり具合が悪そうで心配だったので、病院に電話して予約をし、診ていただきました。

レントゲン検査とそ嚢と糞便検査。呼吸音や心音も調べてもらったところ、何と肺炎とそ嚢炎になってしまっていました。そ嚢炎は何となく予感はしていたのですが、肺炎までとは…。。。
考えられる原因は、親が育てていた間に恐らく親が持っているトリコモナス(原虫)が移ったのだろうと。そ嚢の方だけでなく、呼吸器の方へもそれが入った可能性もあって、肺炎にもなっているそうです。温度管理も最近はちょっと下げてしまっていたのが凶と出てしまいました。
寒かったのだろうと。

治療は、効くかどうか試しながら合う薬を投薬して行くそうです。その日は注射も打ちました。
どれがうちのコに効くのかは、やってみなければ分からないので、早く効いてくれる薬が当たればきっと治るのですが、それまで体力が持つかどうかも問題になるそうです。
幸い食欲はまだ落ちていないので、きっときっと持ちこたえて元気になってくれると信じています。

しばらくは闘病生活が続きそうで、本当に心配なのですが、こちらの出来ることを精一杯やって、見守るしかありません。
親鳥もトリコモナスをもっているだろうということで、今度検査することになってしまいました。
何だか一転して大変なことになってしまい、正直落ち込みました。

でも生き物を飼うということは、こういうことがいつでも有り得ると覚悟していますので、治るまで何とかめげずに行きたいです。
ニコの生命力を信じようと思います。
[PR]
by a-becco | 2011-01-31 00:00 | 十姉妹
<< 色付きペレット 肩の上 >>